文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 全体  > 追加経済対策の申入れ(2月18日)

ブログ

全体 

追加経済対策の申入れ(2月18日)
追加経済対策の申入れ(2月18日)

大塩平八郎の乱は、今から185年前のことであるが、その義侠心を彷彿とさせるテレ東のニュースに接した。武漢ウイルス禍で疲弊している国民を救済するための提言で、自民党の議員有志から下村博文政調会長に提出されたという。静岡七区選出の城内実議員も提言メンバーの一人である。以下、その全文である。

「緊急事態宣言延長に当たって追加経済対策の申入れ」

 一月八日に始まった政府による緊急事態宣言が、三月七日まで期限延長が決定された。緊急事態宣言延長に際して、経済的に厳しい方々への徹底した支援措置を行うことが、現在極めて重要である。我々は、「政治が国民と共にあること」を強く表明するため、今年度予備費約四兆円(米申入れ時点で2.8兆円)を使いきって、半年以上の予見可能性を高めつつ、次の対策を行うべく緊急提言を行う。

                 記

一.経済的に厳しい方々への支援として、返済免除も可能な緊急小口資金、総合支援資金の回数や上限撤廃等の更なる拡充を行うこと。
二.中小事業者に対する一時金を大幅拡充し、持続化給付金の再支給を行うこと。その際、売上げ減収基準や対象拡大等の要件緩和を
図ること。
三.フードバンクはじめNPOや大学等、市区町村等へのコメはじめ農産品等の現物給付の推進を図ること。
奇しくも明日2月19日は大塩平八郎が決起した日である。





  • POSTED at 2021年02月18日 (木)