文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 教育 > ルドルフ・シュタイナー(令和3年2月27日)

ブログ

教育

ルドルフ・シュタイナー(令和3年2月27日)
ルドルフ・シュタイナー(令和3年2月27日)

40才の頃のシュタイナー

今日2月27日は、「人智学」を創始したルドルフ・シュタイナー(1861-1925)誕生の日である。後期ロマン派の作曲家グスタフ・マーラー(1860-1911)の同時代人で、ユーゴスラヴィアに生まれ、ヴィーン近郊で育った。人智学とは、神智学と人類学とをアウフヘーベンしたもので、芸術・科学・宗教を統合しようという試み・精神運動である。
日本にシュタイナーを紹介したのは、慶應義塾大学文学部教授・美学者の高橋巌先生で、昭和45年の著書「ヨーロッパの闇と光」のなかに収められた「現代の秘教 ルドルフ・シュタイナー」によってである。シュタイナーのことを知ったのも高橋先生からだった。私が企画したレコード・コンサートで「リヒャルト・ヴァーグナー、音楽とオカルティズム」というタイトルで講演していただいたのだ。昭和49年(西紀1974)に日本楽器製造㈱(現・ヤマハ)に入社し、東京支店渋谷店オーディオ係に配属された。その翌年のことである。渋谷店に在籍した2年半の間に計10回のレコード・コンサートを開き、浜松本社に転勤。昭和53年(西紀1978)、西ドイツ(ハンブルク)に赴任した。27才の時だった。高橋巌先生からはハンブルク在住でオイリュトミストの沢田真弓さんを紹介されていた。




  • POSTED at 2021年02月27日 (土)