文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 全体  > そして「昭和の日」(令和3年4月29日)

ブログ

全体 

そして「昭和の日」(令和3年4月29日)
そして「昭和の日」(令和3年4月29日)

今日29日は、かつての「天長節」、戦後は「天皇誕生日」、そして昭和天皇崩御に伴い「みどりの日」に改められた。そして、「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」という趣旨で平成18年(2007)より「昭和の日」となっている。今朝は7時頃に玄関先に国旗を掲げた。あいにくの雨模様である。ふと町内で何軒位国旗を出しているだろうか?と思った。いつだったか、1500軒ほどある町内を隈なく調べたことがある。我が家を入れてたった5軒であった。
「みどりの日」という抽象的な名称は、今また勢いを増している皇室破壊の動きとリンクしていると推測する。それが改められた時はどなたが首相であったか?誰あろう、内閣官房長官を経て第90代内閣総理大臣に就いた安倍晋三氏であった。
午後、森町に鎮座する小國神社に参拝。掛川から見えたお二人の方と宮司様をお訪ねした。長居をしてしまい、天竜を経て帰宅した夕刻には雨足が激しくなった。そして、所用で市街地に出かけた7時過ぎからは豪雨に近くなっていた。「昭和の日」に相応しい雨の降り方であったかも知れない。

  • POSTED at 2021年04月29日 (木)