文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 全体  > みどりの日(令和3年5月4日)

ブログ

全体 

みどりの日(令和3年5月4日)
みどりの日(令和3年5月4日)

栗原幸彦作品の前のご来場者

会期2日目は「みどりの日」で,大型連休6日目であった。平成11年までこの祝日は4月29日であった。それが「昭和の日」となり、廃止されることなく5月4日に移された。大型連休の出現である。
栗原幸彦先生とその門下生による日本画はみものである。大山蓮華、山茶花、白木蓮、薊、額紫陽花、花菖蒲、牡丹、鬼百合、梅、桜、水仙、秋桜などが描かれている。清らかで美しい。対象の形ばかりでなく、その生命感や息吹までも写している栗原作品は見事である。右写真の作品は「花菖蒲」で90x180cmの大作である。白と美群青の花びら、そして、それらを力強く支える青々とした茎葉。精神性と品格の高さが漂う。小國神社の菖蒲園は今月22日に開園するが、この会場ではそれに先駆けて満開である。しかもこの美群青の苗は小國神社の菖蒲園では絶えていて、どこかから株分けをしない限り当分見られないという。この作品は記録としても貴重である。


  • POSTED at 2021年05月04日 (火)