文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 音楽 > リヒャルト・ヴァーグナー(令和3年5月22日)

ブログ

音楽

リヒャルト・ヴァーグナー(令和3年5月22日)
リヒャルト・ヴァーグナー(令和3年5月22日)

バイロイト祝祭劇場内部

1883年の2月に、作曲家リヒャルト・ヴァーグナーは極寒のヴェニスでその70年の生涯を閉じた。その前年の7月に最後の作品で舞台神聖楽劇と呼ばれる「パルジファル」の初演に立ち会っていた。自作の上演のための理想的空間として建設されたバイロイト祝祭劇場でだった。ベートーヴェンを深く尊敬し、「ベートーヴェン詣で」や「交響曲第九番」の著作がある。歌劇を楽劇(Musikdrama)に進化させ、総合芸術の構想を唱えた。文学と音楽、そして演劇の融合である。
信奉者にはブルックナーやマーラーがいる。ブルックナーはその「交響曲第七番」をヴァーグナーに捧げ、マーラーは「パルジファル」の初演を聴くためにヴィーンから遠く離れたバイロイトまで旅をした。
今日はそんな偉大な人物ヴァーグナーが生まれた日である。1813年、ライプツィッヒ。




  • POSTED at 2021年05月23日 (日)