文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 歴史 > 静岡県知事選挙(令和3年5月29日)

ブログ

歴史

静岡県知事選挙(令和3年5月29日)
静岡県知事選挙(令和3年5月29日)

自民党静岡県連青年局キャラバン部隊、浜松市浜北区での街宣活動

 本日午後2時に自民党静岡青年局によるキャラバン部隊が近隣の地に到着した。会場は西友浜北店前の「うな新」駐車場である。その反対側で待機していた参集者の方へ岩井茂樹候補(52才)が渡って来られた。一番最初に私と短い会話をしていただき、順次参集の方々と挨拶を交わされていた。一番印象的だったのは、11年前に参議院議員になられた時と変わらない誠実なお人柄であられることだった。
青年局次長の稲葉浜松市議の挨拶のあと第一声を発したのは我らが城内実衆議院議員である。県政における世代交代の必要性を訴えられた。城内氏もまた初回当選時と変わらない誠実で謙虚なお方である。マイクを握った岩井候補は、県政における対立構造を思いやりと融和へと転換し、現下の停滞状況を打破したいと訴えられた。
ちなみに、今回の県知事選の投開票日である6月20日は、駿府が静岡に改名された日(明治2年)でもある。江戸から明治へと時代が大きく舵を切り、静岡が新しいスタートを切ったその日に投開票が行われるのである。「世代交代」の自然な流れ、新しい風を感じるのである。



  • POSTED at 2021年05月29日 (土)