文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 音楽 > バッハの音楽(令和3年6月8日)

ブログ

音楽

バッハの音楽(令和3年6月8日)
バッハの音楽(令和3年6月8日)

ライプツィヒ(ドイツ)の聖トーマス教会前のJ.S.バッハ像

 クラシック音楽を聴き始めたのは中学校の音楽の時間だった。NHKのラジオ番組「クラシック音楽入門」も聴いた。雑音がうるさい真空管ラジオだったが、基礎英語という番組を毎日聞くためということでトランジスターラジオに買い替えてくれた。母が農閑期に工事現場の仕事をしてお金を貯めてくれたのだった。ナショナルというブランドで松下電器の製品だった。そのラジオでNHKのクラシック音楽の番組を全て聞いていた。基礎英語も中学の3年間毎日欠かさず聞き、英語の成績は優だった。大木正興とか門馬直美、藁科雅美、そして諸井誠といった評論家や作曲家の解説に聞き入った。戦争未亡人の祖母(明治38年-昭和58年)が仲人をしていただいた謝礼で買ってくれたソニーのテープレコーダーですべての音楽番組を録音、繰り返し聞いた。
   初めて買ったレコードは、J.S.バッハ(1685-1750)の「組曲第2番」で、EP盤だった。演奏は、アントニオ・ヤニグロ指揮 ザグレブ室内管弦樂団、フルートはジャン・ピエール・ランパルだった。東京オリンピックの年だった。
後日談であるが、藁科雅美先生には、日本楽器に入社後渋谷店で企画したレコードコンサートの解説をお願いすることになる。確かテーマがブラームスの時だった。



  • POSTED at 2021年06月08日 (火)