文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > モーツアルト「レクイエム」(令和3年6月27日)

ブログ

モーツアルト「レクイエム」(令和3年6月27日)
モーツアルト「レクイエム」(令和3年6月27日)

ヨゼフ・ランゲによる肖像画「鍵盤に手を置くモーツアルト」

 高校一年の時、初めてLP盤を買った。松山市大街道の小早川楽器店のレコード売り場だった。ブルーノ・ヴァルター指揮ニューヨーク・フィルの演奏。自転車通学だったので、小脇に抱えながら夜道をペダルを踏んだ。クラブ活動はコーラス部で、合唱コンクールの自由曲で「ラクリモーサ」(涙の日)という「レクイエム」第7番目の曲を歌ったのが動機だったのだろう。
大阪の大学に進学して、「モーツアルトの死」というタイトルの小文を音楽の友誌に寄稿して掲載されたことがある。信貴山近くの八尾市に下宿していた時だから、大学3年の時である。何で死という暗いことを書いたのだろう?と今にして思うが、70年安保闘争の翌年でも大学のキャンパスは騒然として落ち着かず漠然とした不安が日常化していた。
大体がこの曲はレコードで聞いていたように思う。生の演奏で聴いたのは僅かの一回だけ。30年前の12月、場所はパリのサン・ジェルマン教会。床暖房が聞いていて睡魔に襲われ、はっと目が覚めると同時に「ラクリモーサ」が始まった。教会の中は響きが温かい。ふんわりと包まれるようだった。モーツアルト没後200年の年であった。命日は12月5日であるから、その日に合わせて企画されたのだろう。
ふと本棚を見上げると、「東京見おさめレクイエム」という横尾忠則著の本が目に入った。そういえば、今日は天才横尾忠則氏の85才の誕生日である。氏も一時モーツアルトに凝っていたことがあるので、こういう共時性が起きるのだろう。


 



  • POSTED at 2021年06月27日 (日)