文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 歴史 > 日清戦争(令和3年7月12日)

ブログ

歴史

日清戦争(令和3年7月12日)
日清戦争(令和3年7月12日)

[明治二十七八年戦役]
明治二十七八年の日清戦役は、東亜に対する支那の無自覚に起因する。即ち清が、朝鮮の内政改革に関するわが提言を斥け、東亜安定の楔ともいうべき半島の平和を乱し、しかも日清の不和に乗じて、ロシアの勢力がここに喰い入ろうとし、かくて戦が起ったのである。
開戦と共に、天皇大纛(だいとう)を広島に進め給い、爾来戦争の終るまで、日夜将兵と労苦を俱にせられ、親しく軍事を統監あらせられたこと、申すも畏き極みである。将兵の忠誠勇武、連戦連勝の戦況は、思い起すだに感激の新たなるものがあり、国民一般の戦意また頗る強烈であった。憂国の至情は津々浦々に満ち溢れ、老若男女共々に資を献じ、従軍を志願するものが相次いだ。議会も従来の政争を一擲し、同年十月、広島で開かれた臨時議会には、当時としては莫大な軍事費一億五千万円を、僅か五分間で満場一致可決したほどである。、

  • POSTED at 2021年07月12日 (月)