文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 観光 > エーゲ海(令和3年7月28日)

ブログ

観光

エーゲ海(令和3年7月28日)
エーゲ海(令和3年7月28日)

ミコノス島

1981年の夏休みは、前半をギリシャ旅行、後半をバイロイト音楽祭で過ごした。今から思うととても贅沢な組み合わせだった。丁度40年前の事である。まだ30才だった。ハンブルクからフランクフルトまで約500Kmを車で移動。そこから空路アテネへ。計7泊のうち3泊4日を地中海クルージングに充てた。City of Rhodosという客船でエーゲ海の島々を訪ねた。空も海も青く美しかった。ロードス島→ティラ・サントリー二→ミコノス島→クレタ島を巡った。歴史の宝庫である。船内泊は楽しかった。朝夕の食事は船内で、昼食は訪れた島で。夕食の後はアトラクションの数々。いろんな国々の人に出会った。中近東に駐在している日本人家族やヴィーンからみえているご家族と仲良くなった。アトラクションの司会の方はきれいな女性で一度に6か国語を立て板に水のように喋った。日本語はなかったが。エーゲ海はエメラルド色に澄んでいた。
クルージングの前後2泊づつはアテネ市内及び近郊の観光を楽しんだ。日差しは強かったが、パルテノン神殿のふもとのアゴラの中はとても涼しかった。空気は乾燥していた。郊外に足を延ばしスニオン岬で風に吹かれた。海風は強かった。ポセイドン神殿の下の海は浅瀬でしばし泳ぎ戯れた。三島由紀夫が賞した「馭者像」のあるデルフィ博物館は閉館しており入館出来なかったのは残念だった。アテネから空路フランクフルトまで戻り、車でバイロイトに向かった。

  • POSTED at 2021年07月28日 (水)