文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 音楽 > 「田園シンフォニー」(令和3年8月3日)

ブログ

音楽

「田園シンフォニー」(令和3年8月3日)
「田園シンフォニー」(令和3年8月3日)

ベートーヴェンの散歩道

YouTubeで好きな曲を聴ける、しかも画像付きで。テレビで放送と通信の両方を楽しめるとは便利な世の中になったものだ。今朝はさわやかな曲ということで、ベートーヴェンの交響曲第六番「田園」を選曲。この曲はいわゆる標題音楽といわれるもののはしりであろうか?
ベートーヴェンが38才の時に完成され、3番や5番のシンフォニーを含めいわゆる「傑作の森」を構成する名曲である。しかも型破りである。5楽章編成であり、しかも第3楽章から第5楽章までは切れ目なく続く。形式よりも表現する内容に重きを置くという意味で、いってみれば20世紀の初頭に現出する「表現主義」の音楽の分野でのはしりでもある。
中学校の半ば頃だったと思うが、音楽の時間にこの曲を鑑賞する機会があった。魅せられた。実家は農家で、田植えの前の苗取りを手伝いながらあの「嵐のあとの喜びと感謝」のメロディーを口ずさんだ。口ずさみながら苗取りをした。呑気な時代だった。苗田の水はひんやりとし、仰ぎ見る空は青く空気はもちろん澄んでいた。ちょうど東京オリンピック開催の年であった。
ベートーヴェンがこの「田園シンフォニー」の構想を練ったという場所を訪ねたことがある。ドイツに赴任してから数年後の夏休みの折だった。32才の時ベートーヴェンは難聴のことを思い煩い、絶望の淵に立った。ハイリゲンシュタットという所で遺書を書いた。その場所で過ごした時の体験からこの田園シンフォニーが生まれた。ヴィーンの市街地から20キロ足らずの郊外である。「嵐のあとの喜びと感謝」とは、ベートーヴェンが苦悩を克服したのちの心境をも如実に表現したものであった。Freude durch Leiden(苦悩を通じて歓喜へ)である。



  • POSTED at 2021年08月03日 (火)