文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 歴史 > 「坂の上の雲」③(令和3年8月24日)

ブログ

歴史

「坂の上の雲」③(令和3年8月24日)
「坂の上の雲」③(令和3年8月24日)

秋山真之(1868-1917)

明治維新により王政復古が成ったと言われているが、その原動力となった国学は明治初期の教育カリキュラムには入ってなかった。なるほど、と思う。尊皇攘夷の精神的支柱は孝明天皇の御製にある。
矛取りて 守れ宮人九重の 御階の桜 いま盛りなり
開国の妨げとなる孝明天皇は暗殺され、明治新政府の方針に異を唱えた西郷隆盛は下野し薩摩に帰った。そういった動きを策謀した勢力が旧弊排除の方針の下我国の伝統文化のエッセンスである国語や国学を顧みなかった。司馬氏は「坂の上の雲」の第二章「真之」の中でこう記している。~この当時、中学校がどの県においても最高学府であったが、教授内容というのはきわめて簡素であった。科目は、漢文、英語、数学、理科(物理、化学、博物)、図画、体操という六科目であった。・・・真之の父の秋山久敬は「人間の道を教えんけれ、いけんの」とこぼしていたが、そのことばどおり修身などは旧弊であるとしてどの中学校でも設けられなかった。全国を風靡している思潮は「旧弊打破」であり、この旧弊のなかに国語もふくめられ、その種の科目はいっさい組み入れられていない。~



  • POSTED at 2021年08月24日 (火)