文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ >  > 天の恵み?(令和3年9月10日)

ブログ

天の恵み?(令和3年9月10日)
天の恵み?(令和3年9月10日)

今朝庭に出てみると栗が2個落ちていた。今年の初収穫である。我が家の栗の木は高さ5メートル位で長い竿がないと栗の実には届かないが、食べ頃になると自然と地面に落ちて来る。上からまさに降ってくるので、天の恵みの様だ。例年栗ご飯にして美味しくいただいている。お隣にはみ出した枝に成った実は差し上げている。今年はお隣の方が沢山ありそうだ。
栗と言えば信州の小布施がその産地として有名である。北斎美術館があることもあり、また瀧めぐりを期待して家族4人で訪れたことがある。今からもう25年ほど前の事で、長男が13才、次男が3才だった。北斎が居住したという家の横にも大きな栗の木があり、ちょうど実が沢山なっていた。♪大きな栗の木の下で~、と大きく手を拡げ身振りを交えて家内が歌った。子供たちは覚えているだろうか?
北斎館では、最晩年の作品「不二越えの龍」を観た。祭り会館で屋台絵を、また岩松寺では鳳凰の天井画を観た。

  • POSTED at 2021年09月10日 (金)