文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 映画 > 映画編集の匠・浦岡敬一(令和3年9月18日)

ブログ

映画

映画編集の匠・浦岡敬一(令和3年9月18日)
映画編集の匠・浦岡敬一(令和3年9月18日)

ありし日の浦岡敬一氏、袋井のギャラリーシルエットで,1999年

今からちょうど20年前、「映画編集の匠・浦岡敬一展」を開催した。会場は、入野町のギャラリー蔵だった。磐田の中川研一氏が集めた
浦岡敬一氏が編集した映画のポスターを中心に、台本、諸資料、編集機材などを並べた。地元浜松だけでなく東京からも浦岡さん縁の方々がお見えになり、盛況を呈した。会場入り口には、浦岡さんが昭和58年に編集を完成させた「東京裁判」のポスターを展示した。そのポスターの上に飾ったのが、以下の浦岡敬一氏による「ごあいさつ」である。
~昭和34年、私は小林正樹監督作品『人間の条件』六部作の編集者に抜擢され、平成4年鈴木清順監督作『結婚』までの33年間をフィルムエディター(映画編集者)として挑戦の日々を送ってきました。ー途中略ー  映画は生病老死、喜怒哀楽を表現するものだと言いますが、私の映画生活は、その通えい人間を見つめ続けて来た日々でした。それは、フィクションのドラマに心をぶち込んで過ごした50年でもありました。どの作品にもある主義主張を明確に表現するためには、編集と云う作業は、唯単にフィルムをつなぎ合わせればいいものではなく、理論に沿って構築された映像表現芸術であらねばなりません。そういった意味合いからも、一緒に仕事をさせて頂いた大島渚、篠田正浩、中村登、山田洋次、左幸子、実相寺昭雄、杉田成道、これらの監督が自由に任せてくれたのは、私にとって至上の喜びでした。すばらしい監督、スタッフ、俳優に人間としての生き方を教えて貰った人生でした。映画編集に対する疑問にどれだけ克明に御説明できるか、会場にて誠心誠意対応するつもりです。平成13年5月18日(金) ~



  • POSTED at 2021年09月18日 (土)