文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 文学 > 日清戦争と子規(令和3年10月12日)

ブログ

文学

日清戦争と子規(令和3年10月12日)
日清戦争と子規(令和3年10月12日)

子規や漱石も乗った蒸気機関車と客車。20年前に「坊ちゃん列車」として運行が復活。

明治27年に始まった日清戦争は、翌28年の二月には清側の降伏という形で勝敗が決した。子規が従軍記者として清に向かったのは、同年の4月だった。戦闘はもう終わっているのに何しに行ったのであろう。司馬遼太郎は「坂の上の雲」の中で『子規の従軍は、結局はこどものあそびのようなものにおわった。』と書いている。一ケ月余の後にはもう帰国の途に就いている。しかも結核というやっかいな病に冒されていた。大連港から乗った佐渡国丸の甲板から血を吐いた。9日後に船は神戸港に着いた。この時詠んだ俳句を日記帳の余白にしるしたらしい。
須磨の灯か明石のともし時鳥
司馬氏によれば、時鳥ということばを入れたのは、血を吐く自分の姿をそれとなくえがいたのだという。下船した後すぐに神戸病院に運ばれ、そこには2か月いた。そして、喀血もおさまったので須磨の保養院で転地療養を一ヵ月。岡山、広島経由で松山に戻った。この時の移動が船だか鉄道だか、司馬氏はその辺り無頓着である。明治22年に東海道線(東京⇔大阪)は開通してるので、恐らく大阪以西も鉄道は開通していただろう。
松山に戻ったといっても、正岡家の屋敷は人手に渡っていたため、母親の実家に身を寄せた。大学時代の友人・夏目漱石が英語教師として松山中学(現・松山東高校、私の母校)に赴任していた。その漱石の下宿を愚陀仏庵と名付けてそこに転がり込んで句会を開いたりした。明治28年10月19日、子規は松山を発って東京に向かった。大阪からは鉄道の旅であったろう。浜松にも立ち寄っている。そして詠んだ。
馬通る三方ヶ原や時鳥
浜松市中区の天林寺山門近くにその句碑が建っている。ふるさと松山に想いを馳せるよすがとなっている。





  • POSTED at 2021年10月12日 (火)