文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 全体  > 一期一会(令和3年10月14日)

ブログ

全体 

一期一会(令和3年10月14日)
一期一会(令和3年10月14日)

池谷大三郎作「影向」(みょうごう)、気配のようなもので、音や光に神を感じ、光を影として

庭師で抽象美術作家の池谷大三郎氏が今月2日に亡くなった。肺癌を患っていらしたようだ。2か月ほど前に「満蒙開拓団」のことで電話をしたばかりであったが、その時はそんな気配を感じなかったのだが‘...。享年74才である。早すぎる死である。ダイザブロウをもじってダイゾーさんと呼ばれ親しまれていた。徳のある方だった。今日知人に伴われて弔問に伺い線香を手向けさしていただいた。奥様からある仏教団体の会報(平成26年7月発行)を見せていただいた。原稿用紙6枚弱の寄稿である。~夕刻から降り始めた雨が小やみになり、渇きを癒やすかのように草木がしっとりと蘇っている。数日前まで金木犀の香りを楽しみ.....これから天候が回復する予兆なのか、上空ではしきりに百舌鳥の雄叫びを上げる声が聞こえます。一瞬の風と共にひらひらと舞い落ちる病葉、欅の濡れ落ち葉が庭の土間の余白や木曾石の平石の上に彩り豊かに重ね合わされている。時々刻々と変化する自然の砂を眺めながら朝のお茶を飲む、至福のひとときです。~ ダイゾーさんのご自宅での描写である。今日お暇する時に眼を見張った「欅」は植えて38年の間に直径40センチ強にまで育っている。公道に面した前庭には今も活きている井戸がある。
平成27年の3月に小國神社で「椿アート展」を開催した時にダイゾーさんのご協力をいただいた。天龍の阿多古から切り出してきた青々とした3本を使ったオブジェで空間アート作品である。







  • POSTED at 2021年10月14日 (木)