文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 文化 > シルクロードミュージアム(令和4年3月15日)

ブログ

文化

シルクロードミュージアム(令和4年3月15日)
シルクロードミュージアム(令和4年3月15日)

森町の小國神社から自宅への帰り途半ば、日本一美しい夕日が見えると言われる天竜川の堤防の少し手前にある隠れスポットを訪ねた。ヤマハ・ピアノの運送で蓄えられた財を基に創設されたシルクロードミュージアム(鈴木鐵男館長)である。展示されているどれもが超レアもので、超一級品ばかりである。見ていると文字通り眼福を味わえるのである。館内から外を見やると手入れの行き届いた庭の木々に心が癒される。白木蓮や紅梅、そして寒緋桜が満開である。
~華麗なるイスラム工芸の世界:ペルシャの煌めき~と銘打った展示が開催されていた。5月29日迄の会期で、「九谷 現代陶芸の名工」展が同時開催となっている。眼にしみじみとそれらの美の光りが伝わってきた。
びっくりしたのは、千代の富士関の雲竜型の横綱と婚礼衣装、そしてお嬢さんのためのひな人形が特別展示されれていたことである。




  • POSTED at 2022年03月15日 (火)