文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 映画 > 太平洋ひとりぼっち(令和4年6月6日)

ブログ

映画

太平洋ひとりぼっち(令和4年6月6日)
太平洋ひとりぼっち(令和4年6月6日)

海洋冒険家・堀江謙一氏が二度目の太平洋単独無寄港横断に成功した。しかも、史上最高齢の83才での快挙である。。一度目は丁度60年前の昭和37年(1962)、堀江氏が23の時であった。その翌年に早くも石原裕次郎を主役にした「太平洋ひとりぼっち」という映画が出来ている。今日そのDVD(Digital Versatile Disc)を観た。配給は日活であるが、そのロゴはいたって陳腐である。
俳優陣には懐かしい名前が連なっている。森雅之(父親)、田中絹代(母親)、ハナ肇(高校のヨット部の先輩)、大坂志郎(ヨットの設計者)、芦屋雁之助(船大工)、それに妹役が浅丘ルリ子である。監督は市川崑。音楽に武満徹と芥川也寸志の二人を起用し、心理描写と情景描写をうまく分担させていることに刮目した。そこに気鋭のただならぬ創造意欲を感じた。
この映画は、昭和38年(1963)1月に設立されたばかりの石原プロダクションによる制作第一弾だったのである。なるほどと合点。石原裕次郎はただの映画俳優ではなかった。兄の慎太郎氏の芥川賞受賞作「太陽の季節」で端役としてデビューし、「狂った果実」で主役を演じて以来数多くの作品に出演したが、ありていの通俗的なものに辟易していたという。そんな折、堀江謙一氏の原作に出会い、創作意欲を駆り立てられたのだろう。自身がヨットマンだったことも大きな要因である。ある意味、堀江氏の太平洋横断達成が石原裕次郎の映画人としての活路を拓いたと言えるだろう。





  • POSTED at 2022年06月06日 (月)