文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 絵画 > 夏不二(令和4年8月20日)

ブログ

絵画

夏不二(令和4年8月20日)
夏不二(令和4年8月20日)

栗原幸彦作「芦ノ湖からの不二」33x38cm、素描、6万円

伊豆の雲見から見た夏不二の写真を見たが、確かに夏の不二は青いのだ。静岡県美術館所蔵の横山大観作の屏風の不二もやはり青い。その雲海に浮かぶ不二の姿は神々しさをも感じさせるのだ。屏風仕立ててあるからして装飾性が基本ではあるけれど。やはり精神性に裏打ちされたものでないと空虚な世界に遊んでしまうことになってしまう。
不二の姿を日々眺めていた二宮金次郎の詠んだ歌:
・曇らねば 誰が見てもよし 富士の山
生まれ姿で 幾代経るとも

  • POSTED at 2022年08月20日 (土)