文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

ブログ

1/101ページ 全部で502件中 1-5件を表示
明智光秀の遺作③(10月16日)

明智光秀の家紋、水色桔梗

京都の北西で光秀主催の連歌会が催されたのは天正10年5月28日。宮崎正弘氏の書はまた次の様に続く。~「久米歌」の項でも、「荒ぶる神等を言向け平和し、伏はぬ人等を退け撥ひて、畝火の白檮原宮に坐して天の下、治らしめしき」 以下、綏靖天皇の項。「葛城の高岡宮に坐して,天の下治らしめしき」。安寧天皇。「大倭日子祖友命は、天の下治らしめしき」。懿徳天皇。「境岡宮に坐して、天の下治らしめしき」そして雄略天皇、崇峻天皇、推古天皇にいたる万世一系の系譜の表現は全てが「天の下治らしめる」とされているのである。
明智光秀の遺作②(令和2年10月15日)

愛宕山、山頂に愛宕神社が鎮座

越中時代の大伴家持が詠んだ長歌には、古事記からの引用があった。冒頭の「葦原の 瑞穂の国を 天下り 知らし召しける」である。以下ふたたび宮崎正弘氏の著書より。~天下り 知らし召しける、とは天皇が統治するという意味で,『古事記』に頻出する。「天が下しる」と光秀が詠んだ本歌である。近代の歴史学者は驚くべきことに日本史最古の歴史書である『古事記』を軽視している。光秀の「天の下知る」の原典は古事記である。
まずは『古事記』上巻「天照大御神と大国主命」をご覧あれ。「この豊蘆原の千秋の長五百秋の瑞穂の国」とあって「我が御子の知らす国と、言依さし賜へる国なり」と明記してある。そして中巻冒頭「神武天皇」の項目では「天の下の政を平らけく聞こし看さむ。なほ東に行かむと思ふとのりたまふ」。つまり神武東征は,天の下の知らす(統治)を徹底させるため、と書かれている。
明智光秀の遺作(令和2年10月14日)

明智光秀の肖像画、本德寺蔵

「ときはいま 天が下しる 五月かな」これは、天正10年(西1582)6月2日)午前4時に決行された本能寺の変の5日前に京都北部にある愛宕神社で催された連歌会での明智光秀による発句であり、遺作となっている。愛宕百韻と呼ばれ、光秀を含め9名が参加している。最後は光秀の長男・光慶による「国々は猶のどかなるころ」という句で結ばれている。光秀の遺作の解釈は、これまで①信長から天下を奪い取る、という野望説 ②光秀を使って自分の野望を達成しようとした黒幕説 などが主流であったが、全く新しい説が出現した。
平成の御代がまさに終わりを告げようとした昨年の春、徳間書店から「明智光秀 五百年の孤独」という本が世に出た。著者は日本文化チャンネル桜のキャスターを務めておられる宮崎正弘氏である。以下,同書より~戦国と雖も知識人は当時必ず読んでいた書物がある。『万葉集』『古今和歌集』『新古今和歌集』は当然の教養書であり、加えて『太平記』を読むのは知識人の常識だった。この列に『神皇正統記』と『愚管抄』が加わる。~ 江戸時代後期の農政家・二宮尊徳の勤労・分度・推譲の三訓が「至誠」を本(もと)とするように、光秀の遺作もまたその本となったであろう上記の教養書を読んでいなければ正しい解釈は出来ない。「本歌取り」が連綿と続く日本的手法なのである。
万葉集全20巻朗唱の会③(10月13日)

巻18 4094番を朗唱する金子裕子さん、多賀城まつり実行委員会演出部長(宮城県)

万葉集を編纂したのは、大納言・大伴旅人の子・家持(西718-785)である。その生きた時代はすっぽりと奈良時代に収まる。仏教の勢いがいや増した時代である。疫病の勢いを削ごうとの思いから聖武天皇が大仏の建立を国家事業として推進した。東北から金の拠出の申し出があり、聖武天皇の詔書が出された。その内容は仏教色が強かったと言われる。その時、家持は越中高岡に国司として在任していて、その詔書を賀す次の歌を詠んだ。賀陸奥国出金詔書歌である。聖武天皇の詔書と違い、ひたすら古事記の世界、古の日本の国ぶりが切切と述べられている。~葦原の 瑞穂の国を 天下り 知らし召しける 皇祖の 神の命の 御代重ね 天の日嗣と 知らし来る ....大伴の遠つ神祖のその名をば 大久米主と 負ひ持ちて 仕えし官 海行かば 水漬く屍 山行かば 草生す屍 大君の 辺にこそ死なめ かへり見は せじと言立て... いや立て 思ひし増さる 大君の 御言の幸の聞けば貴み~(万葉集巻18:4094) 宮城県多賀城の方がこの歌を朗唱されているのは家持がこの地で終焉を迎えたといわれているからであろう。朗唱されている金子裕子さんは詩吟もたしなまれておられ、さすがにご発声に芯があり素晴らしかった。

万葉集全20巻朗唱の会②(10月12日)

大野藩元家老・内山邸で朗唱される石山市長

朗唱会の参加者がその地元から動画投稿するという手法により際立ったことがある。朗唱に加えて各地の土地柄が素のまま情報発信されたのである。福井県大野市からは、市長の石山志保氏が4首朗唱の前に自ら市の魅力をアピールされていた。「天空の城」で有名な大野城、名水百選に選ばれた「御清水」、大野藩元家老の屋敷・内山邸など。その中で最も惹かれたのは「御清水」である。五・七・五・七・七合わせて31文字という月の運行に即した韻律を朗唱することは浄心の源であり、夏は冷たく冬は温かく感じるきれいな地下水(井戸水)は健康体の源であろう。「観光」とはその土地の「光」を「観る」ことであるが、大野市にとってその最大の光は「御清水」であろう。ところで、地図を見ると42年前に新婚旅行で訪れた芦原温泉に近いということが分かった。親和性が湧いてきた。芦原温泉の近くには荒々しい波が打寄せ飛沫となる東尋坊という岸壁があり、そこには三好達治の「春の岬」の詩碑が立っている。大東亜戦争中の昭和19年から5年間、三好達治は大野市に隣接する坂井市に住んでいたのだ。福井県立大野高等学校の校歌の詞を三好達治が手掛けたのはその地縁に因るものであろう。話を元に戻すと、今回の朗唱の会のYouTube発信の手法は、東京一極集中の是正のための鍵のひとつではなかろうか。地方都市が全国各地からの情報発信を束ねるプロジェクトが多発的に推進されるのである。~ときはいま 雛が輝く 神無月~
1/101ページ 全部で502件中 1-5件を表示