文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 全体 

ブログ

2/22ページ 全部で107件中 6-10件を表示
小泉八雲と静岡(8月31日)

八雲と妻のセツ

小泉八雲ことラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、明治23年(1890)に英語教師として来日、赴任先は島根県松江市の尋常中学であった。翌年、島根藩士・小泉湊の二女セツと結婚。このセツは75代出雲國造・千家俊勝の次男俊信の玄孫であった。出雲國造とは出雲大社の宮司職で日本神話の世界に繋がる家系である。出雲大社の祭神は大国主命で、その父祖が最古の和歌を詠まれた須佐之男命であるという相関である。5年後には東京帝国大学に職を見つけ、東京に移り住んだ。夏場を海水浴に適した場所で過ごそうとやって来たのが焼津である。日本に帰化した翌年の明治30年(1897)8月の始めのことであった。妻セツと男の子二人を伴っていた。~小泉八雲が焼津に縁のある文化人だと知ったのは、焼津駅近くの蔵ギャラリー「土泥棒」で最初のアート展を開催した時(平成10年4月)だった。~ 山口乙吉という魚商人の家に間借りし、海水浴や夏の風物詩を楽しんだ。そしてその年の8月25日、富士登山に挑戦した。四合目までは人力車(途中から馬に引っ張らせた)で登り、そこから自力であった。火山灰と砂の上を、それが過ぎると石、溶岩のかけら、軽石の塊、ありとあらゆる岩滓の上を進んだ。空気が薄くなり、心臓が熱病のように早鐘をうったという。強力に助けられて八号目に着いたのが午後四時四十分、ふもとを発ってから13時間が経っていた。そして翌朝の午前八時二十分、遂に頂上を極めた。
「山頂から望むこの景観は、そして淡い夢のような世界の光、また妖精の国のような朝霧、それに巻き上がるすばらしい雲、すべてこれが、そしてこれこそが、私の労苦の慰めとなる。他の巡礼たち、先に登頂した人々は、切りたった最高の岩の上に身を置き、はるか東方に顔を向け、多いなる日の神に神道の祈りを捧げ、柏手を打っている。この瞬間、限りない詩情が私の身を震わせ訪れた。」(ラフカディオ・ハーン「富士の山」より。村松眞一訳)
日本最古の歌(8月30日)

横尾忠則「須佐之男命」シルクスクリーンポスター

今朝は朝顔の花が8輪咲いた。随分と蔓も伸びた。3メートルの竹竿ではもう足りなくなってきた。さて、8という数字に因んで~ ①我が国最古の和歌:八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を 天照大御神に狼藉を働いたため高天原を追われた弟の須佐之男命が櫛名田比売と結婚し新居を構えた時の喜びを謳ったもので、古事記(ふることふみ)の中に記されたいる。日本最初の和歌はめでたい祝婚歌である。五・七・五・七・七の韻律は日本文化における美意識や道徳観の本となっていると思われる。
西洋文化に幻滅し日本に帰化したギリシャ人ラフカディオ・ハーンの日本名・小泉八雲(1850-1904)はこの和歌に因んでいる。
②グスタフ・マーラーの「交響曲第八番」は、4楽章構成ではなく、第一部、第二部の二部構成である。第二部はゲーテの「ファウスト」の最終幕を音化したものである。
愛知県知事をリコール!(8月23日)

行動する愛国者が隣県・愛知にいらっしゃった!高須クリニックの高須院長である。西尾市ご出身で、現在75才。国士である。昨年の愛知トリエンナーレで税金を使って反日活動家を支援し、それに異議を唱えた河村名古屋市市長を提訴したという愛知県知事・大村某のリコール運動スタートの狼煙を上げられたのである。
朝顔が咲いた(8月8日)

遅く蒔いた種だったが、今朝初めての花を咲かせた。この青紫の花は夕方になると赤紫に変容し、そして夜半に花弁を閉じる。我が家での久方ぶりの朝顔の花である。昨日が立秋だから、まさしく遅咲きではあるが、爽やかで涼しさを醸し出している。有難いものである。
仁義なき開発(令和2年7月24日)

開誠館新施設の建設現場、クリックで拡大

緑地を擁する歴史的景観がまた壊されている。浜松秋葉神社(袴田哲司宮司)の元境内である。この神社は永禄13年(西紀1570)徳川家康公が岡崎から浜松に入場の際に勧請した神社で、家康公の長女龜姫を娶った奥平信昌の屋敷跡に立つ。祭神は火防の神様・加具土命である。天正10年(西紀1582)武田家が滅びた後、主を失った八百数十名の武田家家臣が家康公に召し抱えられたのであるが、その際の誓約書「信玄衆誓詞」がこの神社に奉納されている。戦前、広大な敷地の一部が浜松商業高校建設の為当時の浜松町に売却された。さらに南北に分かつように切通し道路が造られた。僅かに残された神社北側の500坪ほどの土地も市有化されていたため、ある学校法人に払い下げられた。その結果、神社は半分裸の状態となった。袴田宮司が先頭に立たれた保存運動も空しく、数年前に壊され跡地にアパートが建てられた「森岡の家」(浜松市浜北区貴布祢)と同じケースとなってしまった。
2/22ページ 全部で107件中 6-10件を表示