文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 絵画

ブログ

3/6ページ 全部で28件中 11-15件を表示
「モナ・リザ」との遭遇(11月29日)

山田潔画伯模写による「モナ・リザ」

ルーブル美術館は名画の宝庫である。かつてパリに赴任していた時は、休日ばかりでなく、会社(Y社)からの帰りにもよく通った。水曜日は
夜の9時まで開いているので有難かった。夜の時間帯は観光客もいず、ほぼ貸切状態だった。入口の階段を上ると「サモトラケのニケ」が
翼を広げ、そこをすぐ右に折れて階段を数段踏むと、ボッテイチェルリのフレスコ画が迎えてくれ、疲れた神経を優しく癒してくれた。美的体験の有難さを味わった。当時はもう「モナ・リザ」はガラスの囲いで覆われていたが、そのルーブルで若かりし頃、むき出しの「モナ・リザ」を前に古典技法で模写修業をした日本人がいる。全日本肖像美術協会会長で、我がインフォテイメントの事務所からほど近い所にアトリエを構える山田潔画伯だ。22年前、パリに赴任する前にあるフランス人女性からフランス語を教わったのであるが、そのご主人が山田画伯であった。応接間に「モナ・リザ」の模写が立てかけてあり、それを観ながらフランス語のレッスンを受けたのだった。「モナ・リザ」は
今も、山田画伯邸の応接間で微笑み続けている。
「歴史を振返る肖像画展」(11月11日)


今年5月から準備を進めてきた「日本と浜松を創った先人の肖像画展」(主催:全日本肖像美術協会、企画協力:インフォテイメント)の作品搬入と会場設営を実施。あいにくの雨模様であったが、作品80点を仮置き場所3箇所から移送し、設営図面に従って展示準備を進めた。旧浜北市の時に出来た文化複合施設”なゆた・浜北”の市民ギャラリーが会場で、広さ約350平方メートル、床は竹材のフローリングで、ちょうど良い展示環境である。この会場でお世話になるのは、今回で5回目である。①「模写絵画による泰西名画展」②「郷土ゆかりの技とこころ展」③「輝く静岡の先人パネル展」④「静岡の魅力フォトコンテスト展」、そして⑤今回の「肖像画展」である。こういった展覧会の折にはいつもお世話になっている書絵堂の五十嵐さんを中心に、全日本肖像美術協会会長の山田潔氏の立会いのもと、てきぱきと作業は進んだ。初日の明日はオープニングセレモニーがあるので、椅子を並べるなどその会場設営もしなければならなかった。途中4時頃に中日新聞の取材があった。夕刻6時頃に作業が終了。これまで個々に見てきたが、80点が一堂に並ぶ様は壮観であった。

上田毅八郎展(9月10日)

浜松から車で約90分、藤枝市郷土博物館・文学館を訪ねた。一昨日蓮華池という蓮で一杯の池から見上げる丘の上に建っている。赤茶色のレンガ色の外観ゆえに開館当初は刑務所みたいだ、という声が少なからずあったようである。しかし、年月とともに周囲の植栽も育ち、今となっては優雅なたたずまいをかもし出している。アプローチには杉村孝氏の石彫もあり、また入口前には、日の丸国旗と藤枝市旗が風にたなびいていて凛としたイメージもあって私は好感を持っている。あっ、海洋船舶画家の上田毅八郎氏(大正9年/1920年~ )の作品展を観るためにやって来たのだった。10時半よりギャラリーウオークと称して、企画者の榎戸真弓さんとボックスアーテイストの島村英二さんの対話形式の作品解説があった。榎戸さんの巧みな進行と島村さんの丁寧な説明とで上田さんの作品ばかりでなく、その人物像も立体的に浮かび上がり充実した30分であった。なお会場の一隅では、6年前に浜松で開催された上田毅八郎展(主催&会場:アクトボックス in Hamamatsu;佐野公任子代表)時の上田さんの講演ビデオ(貴重!)が流されていている。大東亜戦争の開戦から終戦
まで実に3年8ヶ月の長きに亘って、上田さんは商船の砲兵としてずっと海の上にいた。榎戸さんがまとめられた上田さんの発言録がパネル化されて壁面に飾られているが、とても生々しく迫力がある。作品の素晴らしさだけでなく、上田さんの生き様にも目を見張らせる展示会である。背筋がピンとなり、これを企画された榎戸真弓さん、そしてそれを採り上げられ準備に携われた館長さん&学芸員の皆様に感謝申し上げる次第である。
海洋船舶画家・上田毅八郎展(9月8日)

上田毅八郎画「戦艦大和」

静岡県藤枝市に生まれ、現在浜松市に住む鬼才・上田毅八郎氏の作品点が、ちょうど今日から始まった。会場:藤枝市郷土博物館(静岡県藤枝市若王子500番地、電話:054-645-1100)、会期は10月23日(日)まで。以下、同博物館のホーム
ページより~”ボックスアート(模型の箱絵)の巨匠・上田毅八郎さん(大正9年生まれ)は、藤枝市出身です。これまで海洋船舶画家として戦艦や輸送船、客船、帆船など多くの船舶画を手がけました。アジア・太平洋戦争での実体験をもとに描かれる艦船画は、海と空、そして波を描き分ける表現がすばらしく、荒れ狂う海を航行する軍艦や帆船の勇壮な姿は他に類を見ない迫力です。
今回は、艦船画のほかに、飛行機、車、機関車などの絵画作品と、模型、スケッチブックなどの貴重な資料約80点を展示します。船の大きさや重さ、速度、馬力などの正確なスペックを調べ、天候、風速による船の傾き加減や波の切り方、飛沫にいたるまで計算して描きあげるそのリアルな臨場感をお楽しみください。

ボックスアート(模型の箱絵)の巨匠・上田毅八郎さん(大正9年生まれ)は、藤枝市出身です。これまで海洋船舶画家として戦艦や輸送船、客船、帆船など多くの船舶画を手がけました。アジア・太平洋戦争での実体験をもとに描かれる艦船画は、海と空、そして波を描き分ける表現がすばらしく、荒れ狂う海を航行する軍艦や帆船の勇壮な姿は他に類を見ない迫力です。
今回は、艦船画のほかに、飛行機、車、機関車などの絵画作品と、模型、スケッチブックなどの貴重な資料約80点を展示します。船の大きさや重さ、速度、馬力などの正確なスペックを調べ、天候、風速による船の傾き加減や波の切り方、飛沫にいたるまで計算して描きあげるそのリアルな臨場感をお楽しみくださ。”

新興大和絵・松岡映丘展(8月29日)

新興大和絵で知られる日本画家・松岡映丘の没後130年を記念した作品展が巡回している。郷里に近い姫路展を皮切りに、島根に行ったあと、10月には東京に移動するようである。会場は、練馬区立美術館である。是非見に行きたい。以下、同美術館のホームページより ~”近代日本画の松岡映丘(まつおか えいきゅう)〔明治14年~昭和13年〕(1881-1938)は、現在の兵庫県神崎郡福崎町に生まれ、大正から昭和初期にかけて文展、帝展を中心に活躍。 日本のやまと絵の伝統を近代によみがえらせ「新興大和絵」と呼ばれる新しい表現を確立し、東京美術学校(現・東京藝術大学)教授として、橋本明治(島根県浜田市出身)など多くの文化勲章受章者を育てた教育者でもあった。源氏物語などの中世絵巻物研究を礎に、日本古典文学に登場する王朝貴族、武者などを色鮮やかに描き上げ、その優雅でロマンチックな作風がある。30年振りの大規模な回顧展となる本展は、初期から晩年までの代表作約60点や下絵約20点、スケッチ、遺品などを一堂に展覧する。”

3/6ページ 全部で28件中 11-15件を表示