文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 文化

ブログ

4/12ページ 全部で56件中 16-20件を表示
秋葉山本宮の火祭り(12月16日)

旧天竜市の春野町に日火防の神様を祭る秋葉神社の総本山・秋葉山本宮秋葉神社がある。標高890メートルのほぼ頂上に鎮座する。
今日は夜10時から火祭りがあるというので、自宅を8時過ぎに出発。ふもとから神社まで約8キロ、曲がりくねった山道をどんどん昇っていった。後続の車が追い上げてくるが、どんなに頑張っても時速40キロだった。車を降りると冷気が襲ってきた。コートと毛糸の帽子のおかげで
防寒はほぼ出来たが、足元がかなり冷えてくる。夜景がきれいだった。手水舎で柄杓を持つと、柄がぬるぬるしている。凍っているのだった。開始まで少し時間があったので、食堂でかき揚げうどんを食べた。エビが大きく、美味かった。寒いだけに格別に有難かった。9:30から
放水が始まり、9時45分から手筒花火が始まった。これは火祭りの露払いみたいなものだろう。朱色の火花を見ているとお祓いを受けているようだった。10時に河村宮司を先頭に神官の方々が拝殿に上がられ、神事が始まった。下の神楽殿では朱色の装束を着けた神官による
奉納の踊りが始まった。極寒の中での作法を淡々とこなしている様は誠に頭が下がるほど凜としていた。四方に矢を放ち、邪が祓われた。
11時頃、本殿の奥から万年炎が運ばれ、火祭りの本番が始まった。身を刺すような冷気の中で炎が舞った。火の神がお出ましになったのだ。火は災いをもたらしもし、また人の役にも立ってくれる。踊りの所作は”ひょんどり”にも似ているので、無病息災、五穀豊穣の祈りも
込められているのだろう。寒い中ではあったが、貴重な体験であった。駐車場に戻る途中でいただいた熱い甘酒がまた有難かった。

日本の捕鯨文化(12月12日)

歌川国芳「巨鯨の背に乗る宮本武蔵」

あの浮世絵の巨匠・葛飾北斎や歌川国芳が捕鯨図を描いている。実に美しい。アメリカのかつての捕鯨は灯りを得るための鯨油が目的オンリーだったため、それ以外は捨てるばかりだったという。それに対して、我が日本国は鯨の捕獲後、食用ばかりでなく工芸品の素材としても利用するなど、”もったいない” ”有難い”の気持ちで鯨とつきあっている。供養をし、石碑までも建てている。日本人の心根は美しい。自然との一体感を生きているからだろう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8D%95%E9%AF%A8%E6%96%87%E5%8C%96


調査捕鯨船が出航(12月9日)

下関港から出航する

今月初めに調査捕鯨が再開した。昨年米国の反捕鯨団体 シー・シェパード(SS)の度を越した、そして目に余る激しい妨害活動のため止むなく調査を中止したいきさつがあるだけに、今回の再開は誠に喜ばしい。調査捕鯨を実施している日本鯨類研究所は、妨害を差し止めるよう、SSを米ワシントン州の連邦地裁に訴える方針とのことである。当然のことである。流通していないため最近はほとんど食べる機会がないが、小さい頃は普通に食卓に上がっていた。給食に出た唐揚げは硬くて閉口したが、シャーベット状に冷やしたのを刺身のように切って生姜醤油でおいしく食べたのを思い出す。栄養価も、①高タンパク ②低脂肪 ③血をつくる鉄分や、免疫の要ビタミンAも豊富。→ 動脈硬化を防ぐ力が魚の10倍+認知症予防効果がある+肥満・疲労を予防。いいことづくめである。
詳しくは: http://www.simetani.com/omoikkiri.htm

 鯨を食べられるようにすることは日本にとって”食の安全保障”でもある。鯨肉の消費量が増えると、牛肉を輸出しているアメリカやオーストラリアは困るのだろう。それも捕鯨に反対する理由に違いない。


小国神社の紅葉(12月3日)

久しぶりに小国神社に参拝する。10月中旬に開催された「遠州とこわか塾」に参加して以来だ。長い参道を歩くと、それだけでとても清められる。途中にあることまち池の紅葉がきれいだ。周りの杉の大木群がすっと高く伸びているので、楓の木も自然と軽やかに上に伸びている。とてもいい色だ。緑から紅く変色するのは、”老い”ではなく、”熟す”というべきなのだろう。その変化は決して”退化”現象ではない。今日も
大勢の人出であるが、先月の下旬はもっとだったであろう。ここに来るだけで元気になる。お祓いの効果がここにはある。神職の方々が日々清めてくださっているからだろう。有難いことである。

昨夜の9時過ぎからもう大阪維新の会の当確が報道された。開票率1%未満で結果予想が出るなど、ちょっとドラマ感がなさ過ぎる。橋下新市長のインタビューの様子をテレビで見たが、いい表情をしていた。松井新大阪府知事もそうだ。スピード感のある仕事をしている人間は目に力と光がある。選挙期間中のマスコミのパッシングにもめげず、よく闘ったと思う。立派である。小が大を制す;織田信長が今川義元を打ち破った桶狭間の戦いを想わせる。投票率が60%に伸びたのも良かった。いわゆる”3対2”の法則にぴったりと沿っている。神が宿ったとしかいいようがない。かつて学生時代に大阪市民であった者として、今回の維新の会の完勝ぶりは誠に嬉しい。よくぞこういう人材が政界に誕生してくれたものだと思う。維新の会のマニフェストを読むと、経済の活性化だけでなく、文化振興との取り組みも期待できるものがある。”箱モノ中心の文化振興から、芸術家、利用者中心の文化振興を目指します”とある。また、”市内歴史的建造物を活用した文化活動を支援します”ともある。ちょうど今大阪で進行中の”精華小学校の保存運動にとって維新の会は救世軍のようだ。
  http://seika373.com/

4/12ページ 全部で56件中 16-20件を表示