文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 音楽

ブログ

1/11ページ 全部で52件中 1-5件を表示
来日オケによる「君が代」(令和3年3月22日)

昭和50年(西紀1975)来日時のカール・ベーム

昨日で「独学の三人展」が終了。今朝11時過ぎより会場(ギャラリー蔵)の撤収作業を行った。BGMはカール・ベーム=ヴィーンフィル「田園」。1975年夏のザルツブルグ音楽祭でのライブ録音である。蔵という和の空間でのベートーヴェンもなかなかのものである。
この年の3月には来日公演も行っており、あの「君が代」の歴史的名演を思い出す。生を聴いたのではなく、数年前にYouTubeで見つけたのである。演奏時間は1分7秒と長く、荘重感がよく出ている。雅楽の音調が基礎になっている曲想をベームはしっかりとその演奏に生かしている。有難いことだ。抑揚の付け方がカラヤン=ベルリン・フィルとの違いである。カラヤン=ベルリン・フィルの方は、とてもきれいな演奏で丁寧ではあるが、そこはやはりベームとの比較となると、やはりベームである。この演奏のCDがあればそれをバックに「君が代」を斉唱したいものだ。
来日公演の初日には両国の国歌が演奏されるのだ。この年には東京にいたのに(日本楽器入社2年目)聴きにいっていない。何という体たらくだろう。悔やまれてならない。大阪万博の年にカラヤンがベルリンフィルと来日した時の大坂公演のチケットを三ノ宮の神戸新聞の前に徹夜で並んでやっと入手したというのに。この時は大阪フェスティバルホールで「田園」を聴いたのだが、最初に「君が代」とドイツ国歌が演奏された。「荘重さ」という点で、日本とドイツは世界の国家の中で抜きんでている。
p.s.ベームの指揮には一度だけ接したことがる。ブルックナーの交響曲第七番だった。オケは北ドイツ放送交響楽団。場所はハンブルクのMusikhalle。ドイツ駐在から帰国する少し前だったと思う。


ラジオ体操(2月25日)

「NHK解体の歌」を歌う「草莽崛起」の女性

ラジオ体操は昭和3年に生まれた。この年には昭和天皇が即位され、その記念事業の一環としてこのラジオ体操が考案され広められたという。日の神・天照大神を祖とする天皇が新しくその位に就かれるということは、命の源が活気を保ち続けるということである。国民の健康増進を期してラジオ体操が考案されたというのは実に意義深いことである。
そのラジオ体操の歌はやまと言葉で綴るられていて心に沁みる。藤山一郎にょるそのメロディーは溌溂としており太陽が昇る朝に相応しい。その替え歌がある。「NHK解体の歌」である。 
     https://www.youtube.com/watch?v=Ht6VO67-x3E&list=RDHt6VO67-x3E&start_radio=1

あの軽快なメロディそのままに以下の歌詞で歌われる。実に小気味よい。
          「アカ」らしいNHK  似たような朝日
         捏造にやらせ歪曲 売国放送
            中共の声にひれ伏すNHK
            この酷いメディア壊せよ
それNHK解体

金返せNHK  受信料を返せ
日本一高い給料 仕事もせずに
やるのは捏造 偏向報道
この反日放送 許すな
それ NHK解体!

何という語呂合わせの巧さだろう!高い知性を感じますね。






リヒャルト・ヴァーグナー(2月13日)

ヴァーグナーが最後の時を迎えた館(ベニス)

音楽、文学、そして美術が統合された「総合芸術」(Gesamtkunstwerk)なるものを打ち立てたヴァーグナー(1813-1883)のオペラは「楽劇」(Musikdrama)と呼ばれた。その代表作といえばやはり北欧神話を題材にした「ニーベルンゲンの指輪」であろう。①ラインの黄金 ②ジークフリート③ヴァルキューレ④神々の黄昏 からなる四部作である。その規模の大きさ、内容の深さという観点より類を見ない。狂王と呼ばれたバイエルン州の王・ルードヴィッヒⅡ世の経済的支援を得てニュルンベルクの近郊バイロイトにその専用の上演劇場を得た。それまでのオペラ作品の上演環境も、作品主体となり、バイロイト祝祭劇場では照明が消されおしゃべりは禁止となる。空調もなく、夏場のシーズンのため劇場内はとにかく暑い。今日はヴァーグナーが亡くなった日である。水の都ヴェニスで、しかしとても寒い季節に70才に満たず亡くなった、最後の作品は『パルジファル』で「舞台神聖劇」と呼ばれ「魂の救済」がテーマである。その初演(1882年7月26日)に立ち会って後に死を迎えたことは作者冥利につきるであろう。
モーツアルト(1月27日)

今日はモーツアルト(Wolfgang Amadeus Mozart)の誕生日である。生年は1756年。55年前に見た映画「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台となったザルツブルグにはその生家がMozart Geburtshaus(モーツアルトの生家)として記念館になっている。亡くなったのは1791年で、享年僅か35才。フランス革命(1789年)の2年後であったが、その生涯を貫く時代精神はその前の王侯時代のものと言っていいだろう。つまりその音楽活動を経済的に支えたのは王侯貴族であり、また教会であった。産業革命がイギリスに始まったのが1770年。経済発展のイニシアチブが新興勢力に取って代わられたその移行期であった。晩年の数年間は借金を重ね、未完に終わった最後の作品「レクイエム」(K626)の楽譜の前払いや、またヴィーン市内での演奏会を企画しその入場料で糊口をしのいでいた。時代の変化があまりにも速すぎたのだった。
「パロディ笑刻展2021」最終日(1月26日)

会場風景

本日は「パロディ笑刻展2021」(会場:小國神社)の最終日であった。会期中の入場者数は昨年の約半分であった。会場に並んだ100点の笑刻作品が小國神社という清らかな空間の中で伸び伸びと呼吸をし来場者の方々と交信していたように感じられた。作者の岩崎祐司先生もゆったりとしたスペースでご自身の作品と向き合うことが出来てよかったとおっしゃっていた。「笑う門には福来る」「笑いは副作用のない最良の薬」をテーマにしていたが、来場の皆様は「楽しかったです。ありがとうございました。」とニコニコ顔で会場を後にされていた。
中国武漢市発のウイルス禍による委縮ムードを少しでもやわらげることが出来たとしたら、それはもう企画・主催者冥利に尽きると言ってよろしいかと...。
1/11ページ 全部で52件中 1-5件を表示