文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

トップページ > ブログ > 歴史

ブログ

1/9ページ 全部で44件中 1-5件を表示
令和の御代最初の展示会は、ズバリ「二宮金次郎展」である。小國神社研修室を会場に今日から来月2日(日)までを会期としている。薪を背負って手にした本を読みながら歩く少年金次郎像は有名で、働きながら寸暇を惜しんで勉強する姿を象徴している。しかし案外なことに、その生涯や業績を知らないという人が多い。そこで、そういったことを紹介する説明パネルに加えて、当時の時代や社会、そして金次郎の心を育んだものは何かを探る試みを展示会の形として表現したのである。しかし不十分な点が多々あるので、回を重ねながら改善をしていければと考えている次第である。


森町三倉の山桜(3月30日)

今日の午後思い立って森町三倉に向かった。かつての塩の道といわれる山道を登って行った。雨模様の日だった。大久保地区の八幡神社の脇にその山桜は満開だった。染井吉野と違い花弁と葉っぱが共に寄り添っている。桜は姿だ、枝ぶりだ。まず八幡神社に参拝。北島宮司が墨書したと思われる説明の立看板には、467年前に再造とあり、かつて徳川家康公も参拝された由。この桜も樹齢数百年を数える銘木である。八幡神社の隣地はかつて三倉小学校があり、その一角に二宮金次郎像が今もなお立っている。校舎は何もない。帰り道には雨足が強まった。振り返って見る遠景の桜も風情があっていいものだ。

彦根城(3月28日)

井伊家の城・彦根城を見学。一昨年「直虎展」主催のため縁の地を訪ね、その世界にどっぷりと浸かった身としては感慨深いものがあった。何しろ井伊家断絶の危機を乗り越え、まさしくV字回復し、徳川譜代筆頭(35万石)にまで上り詰めたのだ。直虎の許嫁・直親の忘れ形見・虎松が長じて直政となったが、とにかく勇猛果敢。数々の武勲を重ね、見事に家康公の期待に応えた。関ヶ原の合戦の後、西軍の大将・石田三成の居城・佐和山城に入ったが、気に入らなかった。そこを改修するのではなく、別の場所に新たに作ったという。天下普請であった。

ささやかな「日本博物館」(3月4日)

昭和20年8月の(日ソ中立条約を無視した)ソ連侵攻により”古郷”国後を追われた日本人が残していった雛人形や急須など。かつてこの民家では雛祭りが祝われたのであるが、その持ち主の心は今も引き裂かれたままなのである。

安曇野に向かう途中、島崎藤村の「夜明け前」の舞台となった馬籠を訪れた。

1/9ページ 全部で44件中 1-5件を表示