文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

ブログ

11/101ページ 全部で502件中 51-55件を表示
「愛すべき名歌たち」(8月13日)

13年前に亡くなった作詞家・阿久悠氏は昭和12年(西紀1937)淡路島の生まれである。ご両親は二人とも宮崎県生まれだが、お父さんが警察官で勤務の関係で淡路島に住んだという。「法と秩序」を遵守する立場の父親像と言えば、先般武漢肺炎の犠牲となった志村けんさんのお父さん(教師)もそうだった。長男はともかく、厳格な父親からは次男には文化芸能肌の人物が反動として育つのかもしれない。阿久悠氏の著書「愛すべき名歌たち」という本が岩波新書として21年前の夏にでている。「私的歌謡曲史」という副題をもつこの本の最初に紹介されているのが高峰三枝子が歌った「湖畔の宿」(昭和15年)で、戦死した11歳年上のお兄さんの思い出として綴られている。~兄は17歳で志願して海軍に入り、19歳で戦死した。終戦の一ヵ月前のことである。志願を決意したある日、ふたたび神戸へ行って、レコードを買って帰って来た。そしてポータブル蓄音機で何度も何度も聴いていたのを覚えている。結局、そのレコードが兄の唯一の遺品となる。高峰三枝子が歌った「湖畔の宿」一枚遺しただけの、兄の青春とか一生とかは何だったのだろうかと、今になると思う、兄が出征した後、ぼくは、その「湖畔の宿」をよく聴いた。特に兄をしのんでという思いでもなかったが、日常と違う何かを感じとっていたに違いない。それから間もなく、戦局が急を告げ、のんきにレコードを鳴らして聴いていることは許されなくなる。それでも、どうしても聴いてみたくなる時があって、そんな時は、ポータブル蓄音機を押し入れに持ち込み、布団をかぶって聴いたものである。そのころには、はっきりと、兄がわざわざ神戸へ買いに行き、何度も繰り返し聴き、そして遺していった物という意識があって、時々妙に悲しくなって泣いた。
ヤルタ会談、昭和20年2月(8月12日)

カイロ会談の1年後、硫黄島の戦いの少し前、中華民国の蒋介石は外れ、替わりにソ連のスターリンが参加し、①ソ連の対日参戦 ②国際連合の設立 ③ドイツおよび中・東部ヨーロッパにおける米ソの利害調整などが話し合われた。3者による謀議という意味では、16世紀の始めローマ教皇、ポルトガル、スペインによる世界分割の縄張り協議のようなものだ。
朝顔が咲いた(8月8日)

遅く蒔いた種だったが、今朝初めての花を咲かせた。この青紫の花は夕方になると赤紫に変容し、そして夜半に花弁を閉じる。我が家での久方ぶりの朝顔の花である。昨日が立秋だから、まさしく遅咲きではあるが、爽やかで涼しさを醸し出している。有難いものである。
「湖畔の宿♪」(7月29日)

戦地慰問中の高峰三枝子さん

大東亜会議の晩餐会の席で歌われたのが昭和15年に世に出た「湖畔の宿」である。歌う女優として人気を博していた高峰三枝子さん(1918-1990)が歌った。この曲は戦地慰問時に兵士からのリクエストが多かったという。特に特別攻撃隊の兵士は、日の丸の鉢巻きをきりりと締め拳を握りしめ直立不動の姿勢で聞き入っていたという。夜が明けると帰還のない出撃をする特攻隊員の心に高峰三枝子さんの澄んだ母性溢れる歌声がぴったりと寄り添ったのであろう。

(一) 山の淋しい湖に        

   ひとり来たのも悲しい心
   胸の痛みにたえかねて 
昨日の夢と炊き捨てる

   古い手紙のうすけむり

(二) 水にたそがれせまる頃 
    岸の林を静かに行けば
    雲は流れてむらさきの 
薄きすみれにほろほろと
   いつか涙の陽がおちる 
(台詞) あゝ あの山の姿も湖の水も
   静かに静かに黄昏れていく
   この静けさ この寂しさを抱きしめて
   私はひとり旅を行く
   誰も恨まず みな昨日の夢と諦めて
   幼児(おさなご)のような清らかな心を持ちたい  
そして そして

   静かにこの美しい自然を眺めていると
   ただほろほろと涙がこぼれてくる

 (三) ランプ引きよせふるさとへ 
書いてまた消す湖畔の便り
          旅の心のつれづれに 
          ひとり占うトランプの
          青い女王(クイーン)の 寂しさよ

大東亜会議、昭和18年11月(7月28日)

大東亜会議の晩餐会が開かれた首相官邸前で。汪兆銘と東條英機(前列左と中央)

昭和18年5月に御前会議で決された「大東亜政略指導大綱」に基きその半年後に東京で開催された。カイロ会談は日本が主導したこの「大東亜会議」への対抗として開催された。参加者は以下の通り~①日本国:東條英機内閣総理大臣 ②中華民国(南京)国民政府:汪兆銘行政院長 ③満州国:帳景恵国務総理大臣 ④フィリピン共和国:ホセ・ラウレル大統領 ⑤ビルマ国:バー・モウ内閣総理大臣 ⑥タイ王国:ワンワイタカ―コーン親王(首相代理) ⑦インド:自由インド仮政府首班:チャンドラ・ボース首班。
11月6日に大東亜共同宣言が全会一致で採択された。抑々世界各國ガ各其ノ所ヲ得相扶ケテ萬邦共榮ノ樂ヲ偕ニスルハ世界平和確立ノ根本要義ナリ。然ルニ米英ハ自國ノ繁榮ノ爲ニハ他國家他民族ヲ抑壓シ特ニ大東亞ニ對シテハ飽クナキ侵略搾取ヲ行ヒ大東亞隷屬化ノ野望ヲ逞ウシ遂ニハ大東亞ノ安定ヲ根柢ヨリ覆サントセリ大東亞戰爭ノ原因茲ニ存ス。大東亞各國ハ相提携シテ大東亞戰爭ヲ完遂シ大東亞ヲ米英ノ桎梏ヨリ解放シテ其ノ自存自衞ヲ全ウシ左ノ綱領ニ基キ大東亞ヲ建設シ以テ世界平和ノ確立ニ寄與センコトヲ期ス。
  • 大東亞各國ハ協同シテ大東亞ノ安定ヲ確保シ道義ニ基ク共存共榮ノ秩序ヲ建設ス
  • 大東亞各國ハ相互ニ自主獨立ヲ尊重シ互助敦睦ノ實ヲ擧ゲ大東亞ノ親和ヲ確立ス
  • 大東亞各國ハ相互ニ其ノ傳統ヲ尊重シ各民族ノ創造性ヲ伸暢シ大東亞ノ文化ヲ昂揚ス
  • 大東亞各國ハ互惠ノ下緊密ニ提携シ其ノ經濟發展ヲ圖リ大東亞ノ繁榮ヲ増進ス
  • 大東亞各國ハ萬邦トノ交誼ヲ篤ウシ人種的差別ヲ撤廢シ普ク文化ヲ交流シ進ンデ資源ヲ開放シ以テ世界ノ進運ニ貢獻ス
11/101ページ 全部で502件中 51-55件を表示