文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

ブログ

19/102ページ 全部で508件中 91-95件を表示
パリ・オペラ座で美空ひばりを聴く(5月29日)

パリ・オペラ座の大休憩室

8年間のドイツ駐在を終え帰国したのが昭和61年(1986)、それから3年後にパリに赴任した。ちょうど革命200周年の年だった。成田からパリまでの機中では(この年の6月に亡くなったばかりの)美空ひばりさんの歌をウオークマンで聴いていた。家族(妻と6歳の長男)を呼び寄せるまで3か月ほど独身生活で、16区のAvenue Mozartに下宿住まいをした。会社から支給されたプジョー車で通勤し、カーステで美空ひばりさんの歌を聴いていた。休みの日にオペラ座の中を見学した折にもウオークマンでひばりさんを聴いていた。大休憩所(右の写真,天井高18m,長さ154m,巾13m)に入った時、丁度「芸道一代」が鳴り始めた。絢爛豪華な雰囲気にぴったりだった。ここはパリ社交界の応接間と言われている。もう少し長生きされていればパリ公演も実現し、オペラ座で生のひばりさんを聴くことが出来たかもしれない。と、いろんな思いを巡らした。日本と西洋文化のインターバルを意識させるオペラ座見学だった。83年前の今日29日、ひばりさんは横浜に生まれた。42年前に49歳で他界した私の母五月子も同じ誕生日である。(昭和3年生まれ) 感情移入するほどにひばりさんの歌を聴いていたが、それは私の耳を通して亡き母がそうしていたのかも知れない、とふと思った。


小國神社の緑陰(5月28日)

先月の3日から18日まで小國神社の斎館のある建物の2階で「日本画の精華・栗原幸彦展」を開催した。計画では19日迄だったが、武漢コロナウイルスのせいで1日繰り上げざるを得なかった。迷惑な話である。中華人民共和国の武漢市を発生源とする新型コロナウイルス感染予防のため、①会場入り口にアルコール消毒液を設置 ②入口ドアを開放状態にし、窓を開け換気を徹底 ③入場者が20名を超えないように入場制限を実施(実際は最多で10名ほどでした) などの対策を実施。テレビや新聞による過熱ともいえる武漢ウイルス報道により参拝者数も激減した。前回比・入場者数3割減、売り上げ5割減の結果となった。繰り返しとなりますが、実に迷惑千万な話である。ウイルスはは怖いが、ある意味一過性である。しかし、武漢とか中国とか、ウイルスの発生源を呼称の冠に被せない政府やマスコミ・メディアの中華人民共和国に阿る精神状態の方がもっと怖いと思う。長期的な、しかも主権を脅かす災いとなるからだ。緑を見、緑のものを食することによって心身ともに免疫力を高めましょう。
日露戦争(5月27日)

進水する戦艦「三笠」

115年前の今日、我らが大日本帝国海軍はロシア帝国のバルチック艦隊を撃沈せしめ大勝利を収めた。快挙である。先の元旦には、乃木大将率いる陸軍は旅順港を陥落し、ロシアの戦艦が日本海へ出れないようにした。陸海相和しての連携プレーによりこの勝利を収めた。日英同盟(明治35年、1902)という側面支援も有難かった。海戦については司馬遼太郎の「坂の上の雲」がバルチック艦隊が遠路日本海まで航海する様子を細かく描写している。我国連合艦隊の旗艦は「三笠」で明治35年(1902)にイギリスのヴィッカース社で完成。右の写真は進水式のもので、日の丸がはためき、船首に菊の御紋が金色に輝いている。大日本帝国の戦艦にのみ菊の御紋があり、その大きさは靖国神社の入り口扉にあるものと同一である。完成した「三笠」を日本まで回航したのは秋山真之で、日本海海戦時の参謀を務めた。私の母校・松山東高校の前身である松山中学を卒業した郷土松山の先人である。日露戦争に勝利したことによって祖国日本は主権と領土を保持し得たのである。ちなみに、今日5月27日は戦前「海軍記念日」であった。そして、明けて明治39年(1906)、二宮尊徳翁の没後50年の年となり、大日本報徳社(掛川)では盛大な記念式典が開催された。尊徳翁の報徳仕法も対ロシア戦のための戦費調達に貢献したのである。
昭和の精神史(5月25日)

竹山道雄著「昭和の精神史」

浜松天王町の竹山家はこの地域のかつては大庄屋であったが、昭和20年の敗戦に伴うGHQの占領政策のため没落を余儀なくされた。大日本報徳社の第2代社長・岡田良一郎の室はこの竹山家から嫁いでいる。その三男純平氏が養子として竹山家に入り、その次男が「ビルマの竪琴」を書いた竹山道雄である。東大の独文科で、ニーチェの「ツァラツストラかく語りき」(Also sprach Zarathustra)の名訳本を出している。この竹山道雄氏が昭和31年に出したのが「昭和の精神史」で、ちょうど島倉千代子さんの「この世の花」がヒットしていた頃になる。あとがきに、こう書かれている。~どうしてああいうふしぎな戦争になったのだろう? 専門家の説明を讀んでも、實のところ納得のいかないところが多い。自分が経験した實感をはなれないということを頼りに、一私人が十年後に一まず考えをまとめてみたらこういうことになったというのも、あるいは意味があろうかと思い、自分のために書いた次第である。 発行されたのは、奇しくも64年前の今日5月25日である。
夢二とアラーキー(5月25日)

「夢二とアラーキ―展」のDMはがき

今から丁度20年前に開催した。「女性美・官能」をテーマにして、夢二の木版画とアラーキ―こと荒木経惟氏の写真作品「情事」をカップリングした。それぞれ20点、ギャラリー蔵(浜松市中区入野町)の一階に荒木作品、2階に夢二作品を配置した。両方のファンの方が見えて、女性の来場者も多くなかなかの盛況ぶりだった。薄暗いイメージの蔵空間という場所の設定も功を奏した感じだ。湖西のギャラリーで「椿展」をやった時にも「昭和レトロ商品博物館」(青梅市)から荒木作品をお借りしたので、浜松・青梅を2回ほど車で往復したことになる。

竹久夢二は岡山の酒造を営む家に生まれ、いたずらをしてお仕置きで蔵に閉じ込められ、そこで春画を視たのが性の目覚めとなった。アラーキこと荒木経惟氏は、どんなそういった原体験があったのか不問にして存じ上げない。夢二以上に女性のエロスを被写体としてあくなき探求の道をストレートに歩んできた。奇しくも今日は荒木先生の誕生の日である。日頃ほとんどの善男善女が意識下に置いている情念のマグマをずばり写真という媒体で露にし喝采を浴びた。世紀末芸術の殿堂であるヴィーンのsecession(分離派)でも個展を開いた。奥様の陽子さんも、そういう荒木氏の対象への切り込み方に共感を覚えたのだろう、このお二人の新婚旅行の様子は氏の作品集となって公けにされている。

19/102ページ 全部で508件中 91-95件を表示