文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

ブログ

26/83ページ 全部で413件中 126-130件を表示
久能山東照宮参拝(3月5日)

社頭に奉納展示されている家康公のしかみ像(陶人形作家・追平陶吉作)

徳川家康公をご祭神とする久能山東照宮に参拝した。好天に恵まれ、新東名を使った浜松からの移動は快適だった。文字通り山の上にあるので、ふもとから拝殿まで1159段をゆっくりと昇る。いち・いち・ごくろうさん、という訳だ。石の鳥居は大正4年4月17日の建立で、家康公没後300年を記念して、と思われる。境内には寒桜や藪椿が見事に咲いている。拝殿ではちょうど結婚式がおこなわれていた。
大勢の人で賑わっている。外国人も散見される。拝殿と本殿は国宝に指定されている。黒の漆塗りが荘厳さを醸し出している。一番上にある家康公の霊廟で二礼二拍手一礼でお参りをする。駿河湾は日の光を受けてキラキラと輝いていた。
午後より浜松市議会議員・渥美誠氏(自民党)の「新春の集い」に参加する。会場は、天竜区(浜松市)にある壬生ホール。満席の盛況ぶりで、渥美議員(現在、副議長)のご人徳が忍ばれる。来賓の一人として衆議院議員の城内実氏が湖西市からの移動という状況の中出席された。
謹賀新年(1月1日)

平成28年(皇紀2676年、西暦2016年)の初日の出

明けましておめでとうございます。三方原台地(静岡県浜松市)の東のはずれまで自宅から車で約5分。日が昇る辺りに雲が立ち込め、5分ほど経っただろうか、やっと初日の出を拝むことが出来た。新しい年である。自宅に戻り、お雑煮をいただき、須倍神社(浜松市北区都田町)に初詣をする。家族と共に...。
霊果”むべ”(11月17日)

磐田市のある御宅を所用で訪問。帰り際に隣地との境界に塀代わりに植えられている”むべ”の実を戴いてきた。あけびに似ているが、色はもっと濃い。生まれて初めて見た。
蒲生野に狩りに出かけた天智天皇がこの地で、8人の子供を持つ大変元気で健康的な老夫婦に出会いました。
天智天皇がこの老夫婦に、「汝ら如何に斯く長寿ぞ」と長寿の秘訣を尋ねたところ、老夫婦は、「この地で取れる無病長寿の霊果を毎年秋に食します」と言いながら、ひとつの果実を差し出しました。それならば食べてみようと天智天皇もその果物を一口食べました。すると、「むべなるかな(もっともであるな)」と一言天皇は言ったのです。
 
この時に発した「むべ」という言葉がそのまま果物の名前の由来となりました。
そして、これより朝廷に毎年献上することになったのです。

この故事ははるか1400年前のことである。


藪椿(1月30日)

金毘羅神社(浜松市浜北区尾野)に久しぶりに参拝した。ここは石段が120段以上もあり、日頃の運動不足解消にちょうど良い。近くの中学校の運動部のトレーニングの場所としてもつかわれているという。この石段を登り切ったすぐ左手に手水舎があり、その向かい側に大きな藪椿が立っている。その根元に近い所にも短い枝が出ていて一輪の花弁をつけていた。自然の生け花といった趣があった。
26/83ページ 全部で413件中 126-130件を表示