文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

ブログ

34/75ページ 全部で372件中 166-170件を表示
音楽評論家・吉田秀和氏の訃報に接して(5月25日)

音楽評論家の吉田秀和氏が亡くなった。22日だったという。不思議なものだ。ちょうどその頃だっただろうか、ある本屋で超久しぶりに「レコード芸術」を手にとり、氏の批評文を眼にした。ご健在なんだなあ、と感慨を覚えた。ベートーヴェンの交響曲第五番やジュコメッテイの彫刻のように、無駄なものをそぎ落とし、直截な表現が際立っていらした、高く聳え立つ名文筆家であった。ガ~ンと脳天に稲妻を受けたような衝撃をその文章から始めて受けたのは、あれは昭和48年(西暦1973年)の暮れだったろうか、場所は三ノ宮の駅ビルにある本屋だった。「ラジオ技術」誌に吉田秀和氏の「グスタフ・マーラー」の連載第一回目が載っていたのだ。Erwin Ratzというドイツの音楽学者の”Gustav Maheker"を引用しながら巧みに論旨が展開されていた。ちょうど卒業論文で「グスタフ・マーラー」をテーマにしていたので、その文章の凄さを実感した。こわいもの知らずで、年賀状を書いたところ、何と踊るような勢いのある筆跡で奈良の下宿に返事が届いた。ビックリした。氏の姿を初めて近くで観たのは、氏が館長を務めることになった水戸芸術館のこけら落としコンサートの会場だった。当時の佐川・水戸市長から招待券をいただく巡り合わせがあり、ちょうどパリから帰国した翌日だったので、ラッキーなことにその恩恵に浴することができた。ハイドンのチェロ協奏曲だったが、小澤征爾指揮・水戸室内管弦楽団の演奏だった。独奏は堤剛だったか?その演奏が始まる前に客席から吉田秀和氏が舞台の上に上がられ館長としてのあいさつをされた。力のこもった実に勢いのある話しぶりだった。多くの人材を育て、啓蒙の文章を綴り続けた人生だっただろうか。ご冥福をお祈りいたします。

日本で唯一人、パロデイ木彫展(4月28日)

10年前に制作された代表作”リョーマの休日”

笑いをテーマにした「パロデイー木彫展ー岩崎祐司の世界展」が森町・小国神社で始まった。(主催:インフォテイメント、企画&プロデユース:亀岡光則) 日本で唯一人である。”笑刻家”岩崎祐司氏は焼津の在住。氏とは14年何前、焼津の”土泥棒”という蔵のギャラリーで初めてお目にかかったという旧知(窮地?)の間柄である。昨年2月に日経新聞・文化欄で紹介されて以来人気・知名度がうなぎ昇りである。ことば遊び、掛け言葉は生まれた瞬間消えていく一瞬のものであるが、それを形にして定着するというのは大変なことである。初期の頃にはお地蔵さんなども彫っていただけあって、どれも表情がかわいいし、憎めない独特の味がある。入場された方は、すぐに目を細め笑い転げて
いらっしゃる。老若男女、理屈なしにおかしい。笑うと元気になる。最近はあまり笑ったことがないけど、今日は久しぶりにわらわせてもらいました、というコメントがノートに書きつけられていた。

「日本画の精華・栗原幸彦展」(4月7日)

会場正面の陣容。「根尾谷の淡墨桜」屏風と孔雀を描いた「緑陰」

古代の森・小国神社で「栗原幸彦展」が初日を迎えた。2年前は花菖蒲の季節に開催したが、今回は桜の季節である。そして会期半ばには新東名が開通する。それらが相乗して、いのちのみずみずしさと気分の高揚が感じられる。射す日の光も朝など特に神々しい。樹齢数百年の杉が林立する小国神社は神社本来の姿を今なお保っており、その一角での日本画展である。今回の目玉は、日本三大桜の一つ「根尾谷の薄墨桜」を描いた屏風「淡墨爛春」(四曲一隻)である。その前に屏風作品を2点、周りの壁面に花鳥画を17~18点展示し、全体では約20点の陣容である。前回に比べ”進化”した感がある。

「遠州画人展」が森町・小国神社でスタート(3月2日)

江戸、明治から大正、昭和期に遠州地方で活動した”画人”12人の作品約30点の展覧である。今日その初日を迎えた。大谷コレクションの協力を得て実現したもので、屏風と掛軸で構成される。渡辺崋山や椿椿山の門人たちの作品である。山水画と花鳥画の世界は特にご年配の方々がなつかしそうにご覧になっていた。昨年12月に”西遠連合報徳社”の常会で森町の鈴木藤三郎(1855-1913)という発明家で報徳運動家についての講演があり、それがきっかけになってこの展示会が生まれたので、会場の中央部に”報徳のコーナー”をつくり、鈴木藤三郎と松島十湖(1849-1926)関連の資料を展示した。森町で開催することの意義を改めて考えさせられた。古代の森を擁する小國神社はまさにお清めとお祓いの空間である。樹齢数百年の杉が何本も天に向かってスッと立っている様実に神々しさを感じさせてくれるのだ。

神武天皇即位から2672年。今日は建国記念日である。いや、建国記念の日というらしい。戦前は紀元節だった。今日の午後一時から「浜松市建国記念の日奉祝式典」がはまホール(旧教育文化会館)でおこなわれたが、その来賓あいさつで”建国祭、紀元節”という言い方をしたのは城内実衆議院議員だけであった。敗戦後GHQのおせっかいでしばらく中断を余儀なくされていたが、昭和41年、佐藤内閣の時に復活した。そのために汗をかいたのが石原慎太郎・現東京都知事である。戦後、日本の祝日が実にあいまいなものとなった。清涼飲料のように、さらっとしているが本物の滋養はない。GHQの怨念に基いて言い方も変えられ、明治節が“文化の日”となったりした。また自公連立政権によって日日までも連休を優先する形で便宜的なものとなった。昭和27年のサンフランシスコ講和条約で主権を回復し、経済的な復興と繁栄を果たしたものの、今はまた日本は凋落の傾向にある。自主防衛を怠ったつけである。祖国日本の再建はいまマスコミに出始めている”石原新党”に期待するところ誠に大きい。三島由紀夫霊も見守っているに違いない。”内閣総理大臣・石原慎太郎”が誕生する日の近いことを切に願うものである。でなければ、美しい国日本は蘇らないだろう。

34/75ページ 全部で372件中 166-170件を表示