文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

ブログ

47/107ページ 全部で533件中 231-235件を表示
安曇野に向かう途中、島崎藤村の「夜明け前」の舞台となった馬籠を訪れた。
焚火

小國神社は古代の森の中にある。森を擁していてこその神社だ。そういう意味では、小國神社は神社の中の神社である。
その奥の鳥居の手前でドラム缶を利用した焚火が二基しつらわれている。参拝の前や後にこの焚火を囲んで暖を取る人が
多い。気が枯れた状態を穢れというが、炎はその穢れを滅し、祓ってくれるようだ。
宇治橋渡始め式(2010年11月3日)

渡り始め直前に撮影(by筆者)

昨年のちょうどこの日、伊勢神宮を訪れる機会があった。ここの日、平成25年に予定されている式年遷宮に向けて行われる関連行事のひとつ「宇治橋渡始め式」が執り行われた。この写真は、渡り始め直前の写真である。観るだけで清らかな光を浴びるようである。快晴に恵まれたこの日、旧明治節に執り行われたこの行事は式年遷宮諸祭のひとつとして、日本画家・鳥居禮画伯により作品として描かれたとのことである。是非拝見したいものである。
音楽評論家・吉田秀和氏の訃報に接して(5月25日)

音楽評論家の吉田秀和氏が亡くなった。22日だったという。不思議なものだ。ちょうどその頃だっただろうか、ある本屋で超久しぶりに「レコード芸術」を手にとり、氏の批評文を眼にした。ご健在なんだなあ、と感慨を覚えた。ベートーヴェンの交響曲第五番やジュコメッテイの彫刻のように、無駄なものをそぎ落とし、直截な表現が際立っていらした、高く聳え立つ名文筆家であった。ガ~ンと脳天に稲妻を受けたような衝撃をその文章から始めて受けたのは、あれは昭和48年(西暦1973年)の暮れだったろうか、場所は三ノ宮の駅ビルにある本屋だった。「ラジオ技術」誌に吉田秀和氏の「グスタフ・マーラー」の連載第一回目が載っていたのだ。Erwin Ratzというドイツの音楽学者の”Gustav Mahler"を引用しながら巧みに論旨が展開されていた。ちょうど卒業論文で「グスタフ・マーラー」をテーマにしていたので、その文章の凄さを実感した。こわいもの知らずで、年賀状を書いたところ、何と踊るような勢いのある筆跡で奈良の下宿に返事が届いた。ビックリした。氏の姿を初めて近くで観たのは、氏が館長を務めることになった水戸芸術館のこけら落としコンサートの会場だった。当時の佐川・水戸市長から招待券をいただく巡り合わせがあり、ちょうどパリから帰国した翌日だったので、ラッキーなことにその恩恵に浴することができた。ハイドンのチェロ協奏曲だったが、小澤征爾指揮・水戸室内管弦楽団の演奏だった。独奏は堤剛だったか?その演奏が始まる前に客席から吉田秀和氏が舞台の上に上がられ館長としてのあいさつをされた。力のこもった実に勢いのある話しぶりだった。多くの人材を育て、啓蒙の文章を綴り続けた人生だっただろうか。ご冥福をお祈りいたします。
47/107ページ 全部で533件中 231-235件を表示