文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

ブログ

5/101ページ 全部で502件中 21-25件を表示
地域の集い(令和2年9月20日)

衆議院議員・城内実氏をお招きし、地元有志による座談会を開催した。午前中降っていた雨も昼過ぎには上がり、午後4時からMH氏宅の庭先で予定通りの青空集会となった。城内代議士よりコロナ対策を始めとする国政報告を約30分伺った。質疑応答の時間もお取りいただき大変充実した集会となった。以下、直近の城内実ブログより~新型コロナウイルスで疲弊した日本経済、国民の生活をいかに立て直していくかが喫緊の課題です。東京一極集中を是正し、地方活性化を進めることは経済再生に直結するものです。「国民のために働く菅内閣」のもと、地方活性化、国民を守るコロナ対策に尽力してまいります。~ 会場での感染防止策として、①各自マスクの着用、受付での②アルコール消毒 ③体温測定、④ディスタンスのある座席配置などにきっちりと対応した。
地方繁栄のために(令和2年9月17日)

石川周氏七冊目の著書、平成六年刊,題字:著者、表紙写真:著者撮影、ウイーンのシェーンブルン宮殿

短いエッセイであるが、とても濃密な文章である。田中元総理の訃報の翌日、つまり平成5年(1993)12月17日に書かれている。かつて大蔵省に奉職し、国土庁事務次官を最後の役職として昭和60年(1985)退官した石川周氏の自家本「今の自分を超えて行く」(平成6年刊)に収められている。ごく少数の縁故者にしか配られていないので、印刷部数は恐らく数百冊でしかなかったろう。縁あって私のところにも送って頂いたのである。昭和63年(1988)に発刊された「花小路のこころ覚え」以来、毎年刊行された。A5版400ページの厚い本である。国土庁官房長の折(長官は加藤六月大臣)、「四全総」策定に関して一度だけ田中元総理ご本人にお目にかかったことがあるという。以下に引用する石川氏の文章には元総理への哀悼の誠が感じられる。~田中さんは優れた政治家であったと思う。自分の個性を発揮しながら日本という社会を引っ張っていった。その政治理念は地方の繁栄であった。地方を住みやすい、魅力あるものにする、地方の時代を築く、その政治理念を信じ、実行した政治家であった。東京の一極集中を続けたら、地方は二度と立ち直れないほどに疲弊することになる。そして、やがては東京も動脈硬化に陥ってしまう。地方の繁栄こそがこの国を救う必要欠くべからざる課題である。そのことを信じ、理解し、そのための政策を強力に実行に移した政治家であった。田中さんは我が国の顔であったと思う。高度成長期を代表する一人、良くも悪くもこの時代の日本を象徴する人であったと思う。その人の死は一つの時代の終わりを表現している。本当の意味での戦後の終わりである。~
陛下のお稲刈り(令和2年9月16日)

昨日、天皇陛下が皇居内の水田で稲刈りをされた。5月にご自身が田植えをされたもち米とうるち米計20株を手際よく刈り取られたということである。昨年の苗は上皇陛下がまかれたものであったが、今年は種まきから始められたのである。陛下は昨日宮内庁を通じ次のようなご感想とおことばを文書で公表された。~稲作への思いを深めることが出来ました。豪雨等による被害や新型コロナウイルス感染症の感染拡大により農業に従事されている皆さんのご苦労もいかばかりかと思います。各地で収穫が無事に行われることを願っております。~
「稲作への思い」 は、掛川で開催された紀元2600年祭における一木喜徳郎・大日本報徳社社長の訓示にも伺われるものと思われる。~原来我が報徳の教は天祖大神が豊蘆原を瑞穂国と開かせ給うた大道を則としたものでありまして、神武以来列聖が國を治め給うた皇道の精神を体したものであります。(昭和15年4月)~
石原慎太郎著「天才」(9月16日)

もう4年8か月も前に出た本であるが、遅ればせながら昨日、今日で読了した。田中政権の金権体質批判の急先鋒だった石原氏が一人称で故田中角栄元首相の政治と人生を語るという手法で書かれており、稀なる天才政治家で国士・田中角栄氏へのオマージュでありレクイエムである。石原氏は「長い後書き」の中で、アメリカのメジャーに頼らない資源外交を展開したゆえにアメリカの逆鱗に触れ、ロッキード事件という策により葬られたのだ、と書いている。また、「私たちは田中角栄という未曽有の天才をアメリカという私たちの年来の支配者の策謀で失ってしまったのだった。歴史への回顧に、もしもという言葉は禁句だとしても、無慈悲に奪われてしまった田中角栄という天才の人生は、この国にとって実は掛け替えのないものだったということを改めて知ることは、決して意味のないことではありはしまい。」と重ねている。しみじみとした読後感の残る名著である。100万部のベストセラーとなったようである。


台湾のこと(9月16日)

旧台湾総督府庁舎

今日の産経新聞に台湾総督府に関する記事が載っていた。日清戦争後に清国より割譲された台湾を統治するために設置された日本政府の出先官庁であった。右の写真はその新庁舎である。大正8年(1919)に竣工し昨年落成100周年を迎えた。現在も台湾総統府庁舎として使われている。設計図は、設計懸賞募集で最優賞なるも乙賞となった長野宇平治(1867~1937)の設計案を台湾総督府営繕課の森山松之助技師(1869~1949)が修正を加えて完成された。二人共東京駅舎などで知られる辰野金吾(1854~1919)の門下であった。森山は中央の塔を(長野案の)6階から11階まで引き上げ、外観をより華やかで壮観なものにしたという。建築には時代精神が反映されるという。遅れて帝国主義を始めた日本の欧米先進帝国主義国に追い付こうという旺盛な進取の精神が森山氏の修正案には盛り込まれていたと思う。竣工した大正8年には、第一次世界大戦の戦勝国が集まったベルサイユ会議で日本代表が人種差別撤廃を提議したことを思い出す。それらは明治の精神、日本精神であった。
5/101ページ 全部で502件中 21-25件を表示