文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

ブログ

70/71ページ 全部で353件中 346-350件を表示
掛川二の丸美術館「渡辺崋山とその弟子たち展」(11月28日②)

竹の丸(旧松本家)の貴賓室から掛川城を望む

森町から車で約30分。今日最終日を迎えた「渡辺崋山とその弟子たち展」を見学した。この二の丸美術館は掛川城のすぐ下に位置し、前は大日本報徳社の講堂や和風建築の図書館で、実に文化の香り馥郁とする素晴らしい環境にある。
渡辺火山(1793-1841)は、伊豆韮山の江川英龍(1801-1855)同様、国防に強い憂いを持った役人(40才で田原藩江戸家老)であり、谷文ちょうに師事した画家でもあった。蘭学会のリーダー的存在であったために御用学問であった儒学派により弾圧された(蛮社の獄)。現代でいえば、村山談話について政府見解と異なる内容の論文を書き免職同様の退職を余儀なくされた田母神俊雄前空将が同じ仕打ちを受けた。思想・言論統制をやり始めたらその政権は長くはない。それはこれまでの歴史が如実に語るところであろう。なお、華山の遺書と崋山筆の「孔子像」とが近くに展示されているのが印象的であった。

そこから歩いてすぐの「竹の丸・旧松本家邸宅」の2階・貴賓室の窓から掛川城、そしてきれいに色付いた紅葉の美しさを
堪能した。部屋の畳の上には紅葉の葉っぱがたくさん窓の外から舞込んでいて、きれいだった。ちなみに、建築学的にも重要なこの邸宅は日露戦争勃発の前年明治36年(1903年)に建てられたが、当時掛川城は(1854年の地震で崩壊のため)形がなかったのだから、この家の当時のご当主はこの光景は目に出来なかったということになる。霊界電子メールで送って差し上げたいものだ。

遠州森町「町並みと蔵展」(11月28日①)

今回で第12回目を迎えるという森町の「蔵と町並み展」を見ようと11時ごろ出発したが、小国神社で紅葉狩りを
しようとお出かけの人たちの車で10km位手前からもう渋滞の列である。丁度一年前に小国神社で開催した日本画家・鳥居禮展のときのことを思い出した。あの時は、会場に着けないと困るので、朝6時ごろ家を出たものだった。
という訳で南に迂回して袋井の方から森市街地に入った。氷砂糖の発明者・鈴木藤三郎記念館に車を停めさせていただき、ちょうど出会った町会議員の榊原さんのご案内で目的の「鋳物師・山田七郎左衛門展」を見学した。古いお蔵の中での
展示は味わいがある。この山田七郎佐衛門という人は静岡空港至近の金谷の出であるが、妹が徳川家康公の側室・阿茶局(あちゃのつぼね)であったことから、家康公から東海地域一帯の鋳物業専売権をいただいたという。そのことを認めた
ご朱印状が展示されていた。昨年は、この蔵で「鈴木藤三郎展」が開催されていたが、その土地に生まれ育ち後世に立派な
業績を遺した先人を顕彰し、一般に知らしいえめる展示会などを企画・開催することは、実に重要な教育・文化事業であり、森町の方々が一体となって毎年続けられていることに深い敬意を表したい。

黒澤明監督作品の連続上映会開催中!(11月27日)

今年は黒澤明監督の生誕100周年に当たる。東京では、黒澤作品の連続上映会が開催されているようである。(既に今月9日から始まっており、12月26日まで)
会場:東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)
東京都中央区京橋3-7-6 電話:03-5777-8600
料金:一般500円/高校・大学生・シニア300円/小・中学生100円
*詳細は NFCホームページ http://www.monat.go.jp/
                   NFC携帯電話ホームページ http://www.monat.go.jp/nfc/k/
ちなみに、向こう一週間の上映予定主要作品は以下の通り。
・12/1(水)「七人の侍」(11:30,206分) ・12/2(木)「乱」(15:00、162分) ・12/3(金)「影武者」
(0:30、180分) ・12/4(土)「姿三四郎」(11:00、90分) ・12/5(日)隠し砦の三悪人(16:30、138分)
・12/7(火)「夢」(13:00、119分)

神々のご帰還(11月26日)

今日は、出雲大社にお集まりになった八百万の神々が九万千(くまんせ)神社を経て故国に帰られる日だという。昨日から出雲旅行をしている方のブログでそのことを知った。
10月は神無月といって、神々が出雲にお集まりになることは知っていたが、その後のことは知らなかった。こういうことは学校できちんと教えるべきであるし、神話について、つまり国の起こりについて学ぶ機会を設け、自分の生まれ育った国のことを知っておくことが日本人として、そして国際舞台で馬鹿にされない人格の形成の素地となると思うのであるが...。
 http://www2.izumo-net.ne.jp/oyashiro/cat60/cat62/

 


40年後の11月25日

昨日の湖西への研修旅行に参加の方数名の方から、今年4月29日(昭和の日)に上映された映画「南京の真実」第一部をご覧になった旨、そしてご感想を伺った。また「第二部」の上映はいつか、とも聞かれた。この映画は、掛川市ご出身の水島総監督が製作された超大作である。”水島監督は、日本文化チャンネル桜 というCS衛星放送局の経営者として番組を制作、会社経営をなされるばかりでなく、行動する表現者として政治活動にも携わっておられ、昨今日本の国柄を壊すような法案提出の動きに対して敢然と立ち上がり、今年2月に「頑張れニッポン全国行動委員会”を結成された。水島監督が報徳運動の盛んな掛川ご出身であられることもこのような行動の背景になっていると思われる。報徳思想というのは、”世のため人のために尽くす”ことである。” この映画「南京の真実」は、上映時間の長さだけでなく、国の運命を描いた、という点で黒澤明監督を凌駕する作品であると思う。上映会が終わって再び舞台に立たれた水島監督は、マイクなしで客席に向かって挨拶をされたのであるが、背筋をピンと伸ばされ、ご自身の歴史観、信念を力のこもった声で訴えるように話された。40年前の今日、市谷の自衛隊で決起を呼びかける檄を飛ばしながらも絶望の末に自決をした三島由紀夫の「行動する表現者」の精神を継承した姿がそこにあった。

70/71ページ 全部で353件中 346-350件を表示