文化・芸術イベントやアート・絵画イベントの企画・運営ならアートフォースM&Kにお任せください。日本を 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

ブログ

9/108ページ 全部で538件中 41-45件を表示
万葉集全20巻朗唱の会②(10月12日)

大野藩元家老・内山邸で朗唱される石山市長

朗唱会の参加者がその地元から動画投稿するという手法により際立ったことがある。朗唱に加えて各地の土地柄が素のまま情報発信されたのである。福井県大野市からは、市長の石山志保氏が4首朗唱の前に自ら市の魅力をアピールされていた。「天空の城」で有名な大野城、名水百選に選ばれた「御清水」、大野藩元家老の屋敷・内山邸など。その中で最も惹かれたのは「御清水」である。五・七・五・七・七合わせて31文字という月の運行に即した韻律を朗唱することは浄心の源であり、夏は冷たく冬は温かく感じるきれいな地下水(井戸水)は健康体の源であろう。「観光」とはその土地の「光」を「観る」ことであるが、大野市にとってその最大の光は「御清水」であろう。ところで、地図を見ると42年前に新婚旅行で訪れた芦原温泉に近いということが分かった。親和性が湧いてきた。芦原温泉の近くには荒々しい波が打寄せ飛沫となる東尋坊という岸壁があり、そこには三好達治の「春の岬」の詩碑が立っている。大東亜戦争中の昭和19年から5年間、三好達治は大野市に隣接する坂井市に住んでいたのだ。福井県立大野高等学校の校歌の詞を三好達治が手掛けたのはその地縁に因るものであろう。話を元に戻すと、今回の朗唱の会のYouTube発信の手法は、東京一極集中の是正のための鍵のひとつではなかろうか。地方都市が全国各地からの情報発信を束ねるプロジェクトが多発的に推進されるのである。~ときはいま 雛が輝く 神無月~
万葉集全20巻朗唱の会(令和2年10月11日)

朗唱会に参加した浜松チーム。浜北区長の加藤範行氏と山下智之氏(青紫の衣装)

今年で31回目となる「万葉朗唱会」が富山県高岡市主催で開催されたという。浜松チームの一人として参加した万葉研究家で賀茂真淵顕彰会会長の山下智之氏からの情報である。今月2日から4日迄、現地の高岡市の古城公園の水上舞台ではなく、13県31都市の有志による動画投稿によるYouTube配信というirregularな形だった。武漢ウイルスの影響である。全20巻4516首が38時間に亘って朗唱された。まさに全国津々浦々からである。圧巻というしかない。高岡市が主催となっているのは、万葉集の編者・大伴家持が越中国司としてこの地に5年間在任していた縁からという。浜松からは5回に分けて計15首が朗唱された。1200年以上も前の和歌がこういう形で現代に生きている、いのちを繋いでいるということに感銘を覚えた次第である。また、万葉仮名の読み方を詳らかにしたのが浜松に生まれた賀茂真淵であることにも思いをいたしたのである。p.s.①高岡市は、確か鋳造技術で有名な地では?二宮金治郎像もここで多く造られている。②加藤区長が浜松の文化・産業について紹介されていましたが、上記の背景もあり、賀茂真淵記念館も取り上げてほしかったですね。
東京オリンピック(10月10日)

亀倉雄策デザインの公式ポスター

56年前の今日、天皇、皇后両陛下のご臨席を仰いで開会式が挙行された。空は青く晴れ渡り、開会のファンファーレが高らかに鳴り渡った。聖火が灯され、鳩の群舞、ブルーインパルスによる五輪のマーク、国歌君が代斉唱、古関裕而作曲オリンピック・マーチに伴われた参加各国選手の入場行進(94か国、7060名)。この日は土曜日で半ドンだったので、午後から始まったテレビ中継を自宅で見ることが出来た。胸躍らせ、固唾をのんでテレビ画面(白黒)に見入った。英語の勉強用にと祖母が買ってくれたばかりのテープレコーダー(SONY)で録音したことを思い出す。
当時中学2年生、13歳だった。聖火リレーは開会式の一ヵ月ほど前に愛媛県も通過した。9月12日に大分から高浜港に着き、松山市内を巡った後、9月14日高知に繋がる国道33号線の三坂峠(標高720メートル)を通過、下の方から山道を何キロも歩いて応援に行った。授業の一環だった。
昭和15年にも東京オリンピックが予定されていたものの、日支事変の影響で返上となった。今年も中国武漢市発のウイルス騒動の関係で延期となった。いつも隣国がからんでいる。尖閣諸島海域での領海侵犯のこともあるし、足元をすくわれないためにもそろそろチャイナ・ディスタンスを考えないといけないだろう。
オルレアンの少女(10月7日)

馬上のジャンヌ・ダルク像、パリ

今朝5時頃目が覚め、ふと目に入ったのがルドルフ・シュタイナーの「世界史の秘密」(西川隆範訳、創林社刊)で、その中に『オルレアンの少女』の項があった。~ 15世紀にジャンヌ・ダルクを通して高次の超感覚的諸力が働かなかったら、フランス、いや全ヨーロッパの姿はまったく違ったものになっていたに違いない、と言わざるをえません。当時、意志の衝動が頭脳の中に移行し、ヨーロッパ全国家に、民族の個体性を消し去る普遍国家の考えが広まっていました。そのような考えが広まっていれば、この数世紀間におけるヨーロッパの諸民族の相互の働きかけによって果たされた進展の多くが不可能になっていたのは確かです。.....当時の社会の中で特に高い教育も受けていない、まだ二十歳にもならない少女が、1428年の秋、超感覚的世界の霊的な諸力の働きかけを感じました。.....皆様方はいかに彼女が自らの強固な信仰から発する衝動と印象、より適切に言えば直接的な霊視を通して、非常に困難な状況にあったフランス軍を勝利に導き、シャルル七世を王位に就かせたかをご存知のことと思います。~ 普遍国家とは現在のEUであろうか?
大天使ミカエル(10月6日)

大天使ミカエルの大理石像

そこに立つとパリの街並みが見渡せる丘がモンマルトルの丘である。車でもいけるし、ふもとから階段で昇るのもいい。ユトリロの「コタン小路」という作品にはモンマルトルの丘に繋がる階段が描かれている。そこに立つサクレクール寺院はフィレンツェの花の聖母堂に外観が似た白亜の教会で、その入り口近くに大きな翼姿の大天使ミカエルの大理石像がある。ジャンヌ・ダルクは大天使ミカエルから神(正しくは天主)の啓示を受けたという。槍を持って邪なるものを成敗している。日本神話だと、八岐大蛇を退治する須佐能之命である。そして、武漢市発の新型コロナウイルスに感染しながらも大統領選を果敢に戦うトランプ大統領の姿がダブる。死地に活路を見出すbraveな人物だ。また、その行動パターンから掛川五万石から土佐二十万石に家禄された山内一豊の言葉を思い出す。曰く、「命を捨てる覚悟で運を拾わねば、運など拾えるものではない」。
9/108ページ 全部で538件中 41-45件を表示